2009年 05月 31日

弘前

とんぼ返りの出張でしたが、弘前へ行ってきました。
仕事の合間に少しだけ街を観て回りました。
落ち着いたこの街が気に入りました。

朝、散歩した弘前公園
数百年は経っていると思われる大木が多く、樹木好きにとっては飽きない公園でした。
普通は数十年で枯れてしまうソメイヨシノの古木が多いのにも感心しました。
桜の季節に来てみたいもんです。

偶然立ち寄ったコーヒーショップ壱番館
頑固そうなマスターがその場で豆を挽いてドリップしてくれる珈琲は一味違います。
時間が止まってしまったような静かな店の雰囲気も最高でした。
オリジナルブレンド350円

ライブハウス山唄
一緒に行った弘前出身の先生は「声が出なくても指が動かなくてもそこにいるだけでいい」なんて酷いことを言っていましたが、民謡の大家、福士りつさんにはオーラが漂っていました。
一方、2003年、2009年と2回も全国大会のチャンピオンになった若い津軽三味線奏者、笹川皇人さんの三味線の音(大きさと速さとメリハリ)に吃驚!
美味しい地酒(じょっぱり、津軽じょんがらなど)をいただきながら気楽に聴ける雰囲気でしたが、演奏が始まると、どのお客さんも引き込まれて、杯が止まってしまうようでした。

中央が福士りつさん、右が笹川皇人さん
e0064783_10183081.jpg

ホヤというものも初めていただきました。
刺身でしたが海の香りがして酒がすすみました。
[PR]

by s_space_s | 2009-05-31 10:21 | 旅行 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/10342457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ワルテル at 2009-05-31 16:18 x
ソメイヨシノは数十年の命なんですか。
家の前の県道に、昔は結構話題になっていた千本桜の並木
があります。父が生前、からみつく蔓を切りとってまわってやったりして毎春勢いよく満開の花をつけていましたが、最近はめっきり花の量が減り、弱々しくなってしまいました。今度切ってまわってもようかなぁ。なんて思いながらできずに暮れています。でも、これは手入れされなくなっただけでなく、寿命でもあるのかなぁ。

津軽三味線いいなあ。生で見てみたいです。
Commented by s_space_s at 2009-06-01 13:21
はっきりしたことは分からないそうですが60年ぐらいが普通のようです。
ソメイヨシノは種子では増えなくて、全て接木などで増やしたクローンです。
人間の手で作られたものが短命なのも、なんか哀れな気がします。
Commented by ワルテル at 2009-06-01 22:44 x
うう、クローンなのかあ~
すごく綺麗だけどなあ・・・・
人の夢と書いて「はかない」と読むのですね。



<< 奥美濃毛鉤釣り      犯人は誰 >>