2009年 09月 23日

栗拾い

かみさんの実家の栗畑へ栗拾いに行ってきました。
6本ほど栗の木が植えてある小さな栗畑ですが、大きな栗がいっぱい落ちていました。
まずは、下に落ちた栗を拾います。
e0064783_20242782.jpg

全部拾ったら、空になったイガを片付けます。
そうしないと、新しく落としたイガと区別がつかなくなるから。

そのあと栗の木を揺すったり、竿でたたいたりして落ちそうなイガを落とします。
e0064783_20243817.jpg

頭に一発食らいました。
e0064783_2025479.jpg

ウニみたい。
e0064783_20251532.jpg

イガから出したら、水にしばらく浸けて、浮かんで来たものや、虫食いのやつをはねます。
e0064783_20252578.jpg

あとはよく乾かして保存します。
e0064783_20253732.jpg

家に帰って夜なべ仕事に鬼皮を剥いて、かみさんが渋皮煮にしました。
手間がかかるけど美味いです。
[PR]

by s_space_s | 2009-09-23 20:25 | 日常 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/11254625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ワルテル at 2009-10-01 23:40 x
今日、空木岳の倉本道下部のイザルボテ付近を歩いていたら、道に青い栗のイガがばらばらと・・・・・もしや熊か?と見上げても熊棚ができているふうもなく、サルかなあと思いましたがなんとなく怖くなって、鈴をいっそう激しくならし、4歩おきくらいに「ホー、ホー!」と裏声で呼びながら歩きました。くわばらくわばら。
Commented by gaoro at 2009-10-02 13:10 x
わしもこのあいだ息子と釣りに行ったら、草むらの中からガオガオと変な声がするので、びっくりして逃げ出そうとして息子にぶつかってしまいました。結局、声の主の正体は分かりませんでしたが、親父の肝っ玉の小さなところを見られてしまい、なんとなく気まずい雰囲気が漂ってました。
怖いもんは怖いんだからしかたないですよね。
Commented by ワルテル at 2009-10-02 21:52 x
逃げ出したっていいぢゃないか、にんげんだもの。

石際家の家長の威厳に幸あれ!!!がおがお~!!(ろ)


<< 焚き火      庄野潤三逝く >>