2009年 09月 30日

焚き火

9月の大型連休に息子とキャンプして釣りに行こうと思っていたらドタキャンされたので、久しぶりに一人で沢に泊まって釣りと焚き火をのんびり楽しんできました。

北アルプスの一角ですが、標高が低いのでまだ紅葉には早い。
e0064783_20281472.jpg

カラマツ林にハナイグチが生えていたので、今夜のつまみに何本かいただきました。
自家製味噌で味噌煮にしたらめちゃ旨かった(手前味噌)。
e0064783_20282446.jpg

ツタウルシだけ鮮やかに紅葉していました。
e0064783_20284950.jpg

オオシラビソの下が今夜のねぐら。
e0064783_2029166.jpg

おにぎりを食べて一休みしてから、釣りに行ってみました。
よく肥えた岩魚が毛ばりに跳びつきます。
e0064783_2029867.jpg

岩魚のアパート「みずなら荘」
e0064783_20291948.jpg

10匹ほど引っ掛けてテン場に戻りました。
ツエルトを張ったら次は焚き火の準備。
e0064783_20293222.jpg

だんだん夕暮れが迫ってきます。
e0064783_20295299.jpg

焼酎をちびちび飲んで、星空を見ながら、たまに岩魚をひっくり返して・・・
ああいい気持ち。
e0064783_2030761.jpg

夜は静かに更けていったのであります。
e0064783_20302110.jpg


朝起きると焚き火は消えていました。
岩魚は飴色になりいい感じ。

朝は簡単にサッポロ一番味噌ラーメン。
雨模様のすっきりしない天気だけど、釣り納めなので、すこし上流へ行ってみました。
ここの岩魚はすれていないので、お地蔵さんのようにじっと動かずに気配を消していると、目の前で釣れたりします。
いわゆる「木化け石化け」という伝説のテクニックです(なんてね)。
e0064783_20312027.jpg

一つの淵で大きいのから順番に幾つもつれるので、適当にきりをつけて納竿しました。
e0064783_20314670.jpg

帰りの林道歩きの途中にアケビがいっぱいなっていました。
e0064783_2032044.jpg

高山経由で、のんびり下道を走って帰りました。

今日のお土産
e0064783_20321126.jpg

アケビの皮は、あくを抜いてはさみ揚げにしたら、家族に大好評でした。
e0064783_20324929.jpg

[PR]

by s_space_s | 2009-09-30 20:33 | 釣り | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/11254677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KRO at 2009-10-05 12:39 x
 アマゴみたいなナイスバディですね~
焼き枯らした岩魚は、骨酒にするんですか?
美味しそうです!!


<< 板取温泉と鮎料理      栗拾い >>