blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 09日

長良川の川下り

NSネットで川下りと自然観察をしてきました。

9月26日(土)晴れ

朝、長良川温泉の鵜飼ひろばに集合。
参加の皆さんは、子供6人、親さん2人。
梶さんとわしが船頭、良さんとホリベさんが陸上サポートの分担です。

Eボートを組み立て、PFDをチェックして講師の梶さんのセーフティトークが済んだら出発です。
e0064783_16211747.jpg

水量は少ないが深いところでも底石まで見えるくらい澄んでいます(後で落ちがあるんですけど)。
e0064783_16212943.jpg

出発して暫くすると、子供達から「飛び込んでもいい?」
わし「梶さんがいいって言ったら」
このやり取りが何回か繰り返されたあと、梶さんからOKサインが出た!
バシャーン
もうどうにも止まらない♪
e0064783_16213942.jpg

この辺りを下るのに大事なのが鮎釣りの方や網の漁師さんへの大きな声のご挨拶。
子供達が「こんにちはー!通らせていただきますー。」と挨拶すると、皆さん笑顔で通していただけました。

忠節橋まで順調に下り、河原で魚や水棲昆虫の観察をしました。
e0064783_16214834.jpg

網に入るのはヨシノボリが多かった。
よく調べればヨシノボリでもいろいろ種類があるのでしょうが、子供にはまとめてヨシノボリでOK。
あと、スジエビ、ニゴイの稚魚、シマドジョウなど。
外来魚は捕れませんでした。
e0064783_16215846.jpg

橋の下でお弁当を食べて、のんびりしてから、出発。
ここから下流は、浅瀬でスタックしたり、午後になると恒例の向かい風が吹いたりで、なかなか思うように進めません。
堤防の上から見ていたホリベさん曰く
「あっち行ったりこっち行ったり、酔っぱらいみたいやった。」

河渡橋上流の上陸地点付近で、次は、動物の足跡探しをしました。
e0064783_16221561.jpg

砂の岸辺にはヌートリアの糞がたくさん転がっていました。
嗅いでみると馬糞と似ていて、草の醗酵したいい臭いでした。
e0064783_16222697.jpg

砂に残ったいろんな足跡を観察して、石膏で型を取る足跡を選びます。
アライグマ、タヌキ、ヌートリアなど。その他種類は分かりませんが鳥の足跡がいっぱい。
気に入ったのが見つかったら、厚紙で作った枠を置きます。
e0064783_16223665.jpg

梶さんが、なにやら一生懸命写真を撮っています。
e0064783_16225094.jpg

バイカモの花でした。
e0064783_16232221.jpg

枠に溶かした石膏を流し込み20分ぐらいで固まったものをそれぞれお土産に持って帰りました。
砂が着いてよく足形が分かりませんが、よく乾燥させてから、砂を洗い落とすとタヌキの足形が浮き出ました。
e0064783_16233522.jpg

今日はここで終了。
最後に参加した皆さんから振り返りのコメントをいただき、梶さんの纏めで解散となりました。

梶さんのお話の中で、木曽三川の中で長良川の大腸菌が一番多いというのは意外でした。
流域に人口が多く、下水があまり普及していないからだそうです。
子供達には、家に帰ったらうがいと体を洗うようにいいましたが、梶さんは
「まあ、ちょっとお腹が痛くなるだけやでどってことない。」
と大らかなもの。

なにはともあれ子供達と川で遊ぶのは、理屈抜きに楽しいことです。

NSネットの公式報告
[PR]

by s_space_s | 2009-10-09 23:45 | 自然 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/11276065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 裏山散歩      A PRAYER FOR OW... >>