blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 04日

第6回川と山のぎふ自然体験活動の集い募集要項

NSネットの北さんから今年度の「川と山のぎふ自然体験活動の集い」
の募集要項が届きました。
自然体験活動に興味のある方には非常に面白そうなプログラムが盛り
だくさんなので私も楽しみです。
お申し込み方法は、NSネットのホームページで確認してください。



2009年度子どもゆめ基金助成事業
===========================
第6回川と山のぎふ自然体験活動の集い 募集要項
===========================
2005年3月に県内の自然体験活動を行なう団体や指導者が、
岐阜県立森林文化アカデミーに集合して始まった、この『川
と山のぎふ自然体験活動の集い』も今年6回目を迎えました。
美濃、飛騨、郡上、西濃、東濃と場所を変え地域の自然体験
活動をふまえた集いを展開してきましたが、今回は南飛騨御
嶽山麓で開催のはこびになりました。

御嶽山は歴史ある信仰の山であり、その広大な山ろくは豊か
な自然と文化を有しています。今回、御嶽少年自然の家でこ
の地域の密接に関わるテーマで自然体験活動に携わる多くの
方々と自然体験活動の現状の課題と今後の方向について語り
合っていきたいと考えています。

現在、子どもの自然体験の重要性が叫ばれ、文部科学省の
『子ども長期自然体験プロジェクト』始まろうとしている中、
その一方で県下の少年自然の家の廃止が検討されています。

「COP10」が名古屋で開催される中、多様な自然を再認識
し、自然体験活動をとおして地域の自然資産を地域の活性化
につなげていくことが求められています。自然体験活動に携
わる多くの方々の参加と交流をとおして、子どもたちや地域
の人たちの自然体験活動が一層充実したものになりたいと願
っています。

テーマ “~山・森・水・人~御嶽・濁河温泉に地域力集合”
主 催 川と山のぎふ自然体験活動の集い実行委員会
後 援 岐阜県(予定)、下呂市教育委員会(予定)
      特定非営利活動法人自然体験活動推進協議会
日 時 2009年11月7日(土)~11月8日(日)
場 所 「岐阜県立御嶽少年自然の家」
岐阜県下呂市小坂町落2376-1(濁河温泉地内・御嶽山六合目)
*カーナビでアクセスが間違って表示ことがあり注意下さい。
(麓の間違った位置を表示)
参加料 1,000円(保険料、資料代)  
その他実費(昼食577円、夕食787円、宿泊料740円、
シーツ代168円、朝食472円、)をいただきます
交流会参加者は参加費(つまみ代)500円をいただきます。
飲み物は各自で用意してください(ビールの自販機あります)
持ち物 上履き・防寒具・マイカップ・タオル・歯ブラシ他
     洗面用具一式・筆記具
その他 前泊が必要な方はお申し出ください。対応可能です。

※「ポスター・チラシ等の展示セッション・団体活動紹介」
 の場を設けます。ふるってご出展ください。
 出展希望の方は参加申込書にその旨ご記入下さい。

=======================================================
日 程
=======================================================
第1日目(11月7日)
◎エクスカーション  9:00~12:00
1.岐阜の宝もの「飛騨小坂の滝」を巡る
・集合時間 9:00
・集合場所 巌立公園駐車場
・参加料 1,000円
・講師 桂川 淳平(NPO法人飛騨小坂200滝 代表)
下呂市小坂町には高さ5m以上の滝が200以上あります。地元で
NPOを立ち上げ、その滝を巡るコースを何箇所かつくり、ガ
イドを始めました。今回は、そのうち初級コースを巡ります。
*服装:谷間で日が当たらないので暖かいものを
*時間的には御嶽自然の家の昼食に間に合います。
*駐車場利用は、駐車協力金ひとり100円が必要です。

2.下呂石で石器づくり
・集合時間 9:00
・集合場所 縄文公園駐車場
・参加料 500円
・講師 小池 秀雄(下呂石シンポジウム実行委員会代表)      
下呂石は、湯ヶ峰火山の活動で出来た火成岩です。旧石器時代
から石器の材料として使用され、その石器は長野県など県外か
らも出土されています。下呂石を石材として石器作りを体験し
ます。
*持ち物:軍手、タオル、ゴーグル(貸し出しあり)
*御嶽自然の家の昼食に間に合わないため弁当持参が望ましい。

3.日和田のキノコ狩り
・集合時間 9:00
・集合場所 名鉄日和田高原ロッジ前
・参加料  2,500円
・講師   牛丸 仁(日和田高原ロッジ支配人)
秋深まる日和田高原でキノコガイドとともに森に入り、キノコ
を探します。ガイドの解説をもらい安全なキノコの収穫と知識
を深める時間を過ごします。終了後、ロッジにてキノコ料理の
ランチを楽しみます。参加費には、キノコランチ代も含みます。
*持ち物:森を歩きやすい服装、靴
*採ったキノコは持ち帰れます。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●受 付 12:00~
◎開会式 13:00~13:30 研修室
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎基調講演13:30~14:30
『落語家から学ぶインタープリテーション』
尾藤政勇(民宿赤かぶ)      
多くの寄席を企画運営されている尾藤さんに落語家の取扱い方
から落語家から学ぶ噺のつかみ、間、話術など楽しいお話をい
ただきます。時間内の収まらない尾藤さんの魅力はこの後の分
科会で引き続き体験ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎分科会1 14:30~17:00
1.もっと聴きたい落語家のウラ噺と紙切り体験
講師 可多家小里笑(赤かぶ企画代表 尾藤 政勇)
基調講演では、伝えきれないウラ噺と芸名を持っている尾藤さ
んの紙切りの技を体験会で教授いただけます。もっと聴きたい
尾藤さんのウラ噺も楽しみです。

2. 御嶽の原生林を歩こう 
講師 小野木 三郎(日本自然保護協会前参与)
濁河温泉周辺の亜高山帯針葉樹林、御嶽原生林を歩きます。ヒ
ノキなどの天然林の森(1時間コース)を2時間半かけて小野
木先生のトークとともにゆっくりと楽しみます。 

3. 御嶽五の池小屋から
講師 市川 典司(御嶽五の池小屋小屋番)
五の池小屋は、旧小坂町が全面改修してから今年で10周年を
迎えました。当初から小屋番を勤めている市川さんが、御嶽山
の魅力、山小屋での体験や写真を交えて語ります。市川さんは、
「NHKアマチュアビデオ大賞」の奨励賞を受賞されました。

4.もっと知りたいガイドツアー                        
ゲスト 三宅信(トヨタ白川郷自然學校)、影山節子(飛騨市
・白川郷自然案内人協会 天生湿原)、中屋妙子(うたてい)、
 桂川淳平(飛騨小坂200滝)
岐阜県内でも各所で盛んに行われてきているガイドツアーで実
際にガイドしている方々に集りいただき、現状や今後について
意見交換する時間を持ちました。 

5. 木育の実践例 
講師①入江鐵夫(行灯工房代表)②栗谷本征二(栗くり工房代表)
   ③小木曽賢一(森林たくみ塾)④酒井寛(洒井産業社長)
現在「木育」の重要性が叫ばれています。現在、それぞれの立
場から「木育」に関わっておられる方に、その取り組みと思い
をお話していただきます。後半は、参加者に取り組みの一端を
木工実習という形で体験していただきます。

<木工体験>
①音のなる木のおもちゃ②未定③小枝の笛づくり④箸づくり
*定員:各木工コーナー5名
*参加費:実費(教材費)①450円②未定③無料④未定 

6. 飛騨インタープリターアカデミーの成功例
ゲスト 今井正人(飛騨インタープリターアカデミー)
飛騨の自然案内人として自然・文化の解説者として多くの人材
を育成してきた活動を紹介いただき人材育成について考えます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎団体紹介19:00~20:00参加団体・個人の自己紹介タイムです。

◎交流会 20:00~22:00御嶽の山麓で交流しましょう。
(各地の名物・酒などの差し入れ歓迎します)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第2日目(11月8日)

◎分科会2 9:00~12:00
1.面白い地学・火山灰観察
講師 未定(岐阜野尻湖友の会会員)
「川と山」に地学の分野が初登場!火山灰観察って」?実は、
子どもも思わず夢中になれる楽しいものです。火山灰は、意外
に身近なところにもありますよ。例えば、各務原台地の下には、
御嶽山から流れ出た火山灰が堆積しています。
*持ち物:お椀(火山灰を入れて洗います)、ルーペ(あれば)
*定員:15名

2. 岐阜の自然体験施設について考える
進行 千葉 篤志(郡上・田舎の学校事務局)
“時代に添っているのか、はたまた逆行か?今、県立の宿泊施
設が岐阜から消えようとしている!岐阜の自然体験に与える影
響は?今、私たち自然体験の実施者にできることとは・・!?”

3. 秋神温泉小林さんと森を歩こう
講師 小林繁(秋神温泉旅館)
御嶽の歴史や原生林に生きる生き物たちの神秘さや、生きる力
を感じ身も心も癒されましょう。

4.御嶽から山問題を考える
ゲスト 高橋(森林づくりサポートセンター)
進行 伊藤栄一(森のなりわい研究所)
岐阜森林管理署のある小坂町でつどう今回の催しらしい分科会
をと企画しました。広く木の国山の国岐阜県の森について語り
合う時間を共有しましょう。 

5.ツリークライミング体験  会場:日和田高原
ツリークライミングは専用のロープなどを使って、木に登り、
木や森、自然との一体感を味わう体験活動です。「樹上から」
という今までとは違う視点で森を見たり、五感を使い樹上の自
然を体感すると新しい発見があるかも。今回は、単なる体験だ
けでなく、設営から撤収までの見学を含めて行います。
*持ち物:軍手*定員:10人程度*保険料別途
講師 上田 康美(ツリークライミングクラブ橙 代表)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎全体会 13:00~15:00  研修室   
2日間の集いの成果を、分科会のコーディネーターやアクティ
ビティ担当の方々からの報告を中心に参加者全員でわかちあい、
今後の方向 を確認する場にします。

エクスカーショレポート /分科会報告 /まとめ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●体験活動ぎふポータルサイト登録コーナー
いよいよ制作の始まった「体験活動ぎふポータル」の登録コー
ナーを設けました。インターネットで、さらに繋がる岐阜県の
体験活動にあなたも登録・参加ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●川と山のぎふ自然体験活動の集い実行委員会(アイウエオ順)
川尻 秀樹(森林インストラクター岐阜)
北川 健司(特定非営利活動法人エヌエスネット)
熊崎 浩之(岐阜野尻湖友の会)
柴田 甫彦(環境市民ネットワークぎふ)
田村 明  (朝日大学)
佃  正壽 (森林たくみ塾)
中澤 朋代(松本大学)
三島 真  (山と川の学校)
八尾 哲史(岐阜県立森林文化アカデミー)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
事務局
〒500-8141岐阜市月丘町5-13NPO法人エヌエスネット内 
担当 高屋 良平
E-mail  ryo@odss.co.jp 
Tel 058-249-1166 Fax 058-248-4722
[PR]

by s_space_s | 2009-11-04 11:59 | 自然 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/11395052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 初冬のこけ採り      THIS IS IT >>