blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 31日

Fabulous food at Syowa Station

e0064783_10151175.jpg

Good afternoon, everyone.
My name is Atsushi Ishigiwa.
Please call me Atsushi.
I’m a Field Assistant JARE49.
Field assistant is not a common word.
But my job is management of outdoor activity, keeping outdoor safety, training outdoor skills or rescue technique,and so on.
This time I would like to introduce a little bit of syowa station life, and then show you a photos of outdoor activity.
Please relax and enjoy them.





e0064783_10223277.jpg

First of all, I will talk about how we made meals at Syowa Station.
In our JARE program there were two cooks.
Both our chefs had worked in restaurants in Japan, and they were both professional chefs.
They took turns to make the meals each day.

まず、昭和基地の紹介として食事についてお話します。
南極観測隊員の中には、調理隊員が二人います。
日本ではレストランのシェフなどをしている、プロのコックさんです。
交代で毎日の食事を作ってくれました。

e0064783_10261423.jpg

At breakfast we have a buffet-style meal. We can take anything we like.
Many people like rice for breakfast.
This is an example of our dinner.
At Showa Station we ate better meals than we would eat in Japan,
however food such as fresh vegetables, eggs and fruit does not last long when refrigerated.
Over the winter period, if we wanted these foods it was too bad, because we had run out of them.

朝食は、バイキングです。自分で好きなものを取ることができます。ごはんが好きな人が多いですね。
これは夕食の例です。牛肉の煮込みです。毎日変わるメニューを考えるのは大変ですが、肉、魚、野菜などをバランスよく料理してくれます。
このように、日本にいるときより美味しいものを食べていましたが、生野菜などは保存期間が限られているものもあり、倉庫になくなったら終わりなので、越冬終盤では食べたいと思っても食べられないものもありました。生卵、牛乳、果物も同じです。

e0064783_10283715.jpg

Once every month, we held a special dinner party celebrating all the birthdays for that month.
At the special dinner, those having birthdays could request a special dish.
Everybody looked forward to this day.
Those on a diet would eat too far much at these meals despite themselves.

月に一回、その月生まれの隊員をまとめてお祝いするお誕生会というのを開きます。
お誕生会の時は、お祝いされる人のリクエストも取り入れたご馳走が出ます。
みんなこの日を楽しみにしていて、ダイエットしてる人もついついお腹いっぱい食べてしまいました。

e0064783_1030815.jpg

At Syowa Station we are supplied with food and other equipment once every year. This is the only time the JARE ship can come to the station.
We receive one full year’s supply of food brought from Japan and food we bought in Australia on the way.
Fresh vegetables and fruit do not last long, therefore all frozen food is important and is used very carefully.
Food that does not need refrigeration is stored separately.
Our food is kept in many separate buildings in case of fire.

昭和基地では、食糧や荷物の補給は1年に1回、南極観測船が来たときだけしかできません。
1年分の食糧は日本やオーストラリアで購入して来ますが、新鮮な野菜や果物はすぐになくなってしまいます。
冷凍食品は、大きい冷凍庫に保管し大事に使っています。冷蔵庫や、冷やさなくていいものをしまう食料庫もあります。
また、もしこの建物が火事になっても、食べ物が全部なくなってしまうことがないように、違う建物にも分けて保管しています。

e0064783_10384074.jpg

At Syowa Station from last year we have raised vegetables hydroponically [haidoroponikkuri].
The hydroponic machine raised mainly lettuce.
Every two months we would make salad from these lettuces.
We plant twelve seeds and in two months we have 12 lettuces.
These fresh vegetables are very precious to Showa Station.
That’s all I have to say about our food.

昭和基地では、今年から野菜栽培装置を使って屋内で野菜を育てています。
野菜栽培装置では、主にレタスを育てました。 定期的に収穫してサラダなどにして食べました。
12粒の種をまいて、12株のレタスができるまで1ヶ月半から2か月かかります。
昭和基地では貴重な生野菜です。 食事のお話は以上です。

次回は山登りの心だ~!
[PR]

by s_space_s | 2009-10-31 10:15 | 南極 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/11480659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ゴヤの四大連作版画展      南極のお話 >>