2010年 05月 06日

おやじまったり登山隊立山合宿(1日目)

― 聞きまつがいに気をつけて ―

2010年5月1日(土)
なにから何までK先生にお任せしたうえ、当日お迎えまでしていただくことになった。
忘れ物をするといけないので、前日に玄関に装備を結集。
朝5時、時間どおりにK先生とNさんを乗せたデリカが家の前に着いた。

慌ただしく装備を積み込み、かみさんに見送ってもらって出発。
まだ町内を走っているとき、ふと不安になったのでK先生に、
「ストック積みましたかね?」
K先生「積んだ積んだ。」
ということで安心して、千円高速料金の有り難みを実感しながら、後部座席でうつらうつら。

8時前に立山駅へ着くと、すでに駅前の駐車場は満車。
下の河原沿いの臨時駐車場に入って荷物を降ろしていて驚いた。
ストックがない~。やっちまった~。
パニックになりそうな頭でなんとか対応を考えようとするわし。
そのときODSSのキタさんがガイドで立山に入っていることを思い出した。
藁をも掴む気持ちで電話を入れてみると電源が入っていませんとのメッセージ。

一方Nさんは、こちらも立山へ入っているらしいワルテルガイドに電話してくれていた。
こちらは繋がって、室堂にいるとのこと。
なにやら相談しているところへキタさんから電話がかかり、事情を話す。
いま少年自然の家にいて、カトちゃんのストックが空いているということで、貸してもらえることになった。
ありがたや~。

途中まで車で出てきてくれたキタさんからストックを受け取り、駐車場に戻る。
臨時駐車場もさらに車が増え、一番奥まで入ってやっと駐めることができた。
看板には既に2時間待ちの案内が。
結局、取れたキップは11時発ということになってしまった。

まだ、2時間以上あるので、駅でぼけ~っとする。
特に目標のある計画でもないので、3人焦ることもなく、これぞ「まったり登山隊」の真骨頂。
立山を出てからは特に待ち時間もなく室堂に12時過ぎに着き、12時半には出発することができた。

雷鳥沢のテン場まで一滑り。
今日下山するパーティーのテントサイトを譲り受け、テントとツエルトを張る。
e0064783_23133516.jpg

時間が余ったので、新雪がありそうな山崎カールへ行くことにする。
e0064783_23134525.jpg

1時間ほど登り、中間地点から滑る。
重いがシュプールのない新雪は、この時期貴重だ。
e0064783_23135688.jpg

ちゃんと天気図も取るのだ。
e0064783_2314750.jpg

ジンギスカンの肉を(も?)忘れたので、今日はコンビニで購入した1枚105円のペッパーステーキ。
ビールが旨い!
e0064783_23142539.jpg

生米を持って来たのだが、水加減を失敗して焦げつく。
水を継ぎ足し、継ぎ足ししていたら芯の残った米団子のようになった。
けど、おこげが香ばしく、3人で3合食べてしまった。
e0064783_23144444.jpg

テント村は、まだ余裕がある感じ。
e0064783_23145996.jpg

酒を飲みながらK先生がなにやら思い出したように言った。
「朝、家を出るとき、何か積んだかって訊いたでしょ。
あれはスコップ積んだかって言ったかと思ったのです。
自分で積んだのに変なこと訊くと思ったけど、今思えばストックだったのですね。」
スコップとストック、似ていると言えば似ている・・・。

今度から「杖積んだ?」と訊くことにしよう。
ほぼ日刊イトイ新聞 言いまつがい

ツエルトに寝る予定が、お言葉に甘えて、K先生のテントに入れてもらい、暖かく寝させていただいた。
さて、明日は今回のメインエベント、「長次郎谷を滑る」の巻である。
[PR]

by s_space_s | 2010-05-06 23:15 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/12598655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ワルテル at 2010-05-12 18:38 x
1日の新雪は重かったねー。
わしらは浄土山からノートラックの斜面いただきでした。

たらちねの母はきれいなタペストリーをみるといつも
「このブダペスト、きれいだぎゃあ。」
と溜息混じりに感動しています。
Commented by がおろ at 2010-05-12 22:16 x
当日の朝はお騒がせいたしました。
重くてもノートラックの斜面が一番ですね。


<< おやじまったり登山隊立山合宿(...      毛鉤シーズン到来 >>