blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 23日

まっちゃんが来た

近所のまっちゃんがお土産を持って飲みに来てくれました。
彼は今、山仕事をしているので、お土産は山野草の師匠から分けてもらったエビネとシュンラン。

南極へ行く前に飲んだきりで、久しぶりの再会です。
仕事はきつそうですが、辞めたいとか言わないとこみると気に入っているのかな。
子供も小さいのでなかなか山に行くのは難しいらしい。
e0064783_15211315.jpg

美濃市のうだつの上がる町並みにある小坂酒造で買ってきた百春に杯もすすみます。
このまっちゃん、沢登りの世界ではかなりの大物で、話に出てくる名前は雑誌や本でしかしらない人がいっぱいです。
へ~、へ~、と感心して聞く私と、半分ねているかみさん。

最近聴いている音楽の話になり、ビル・エバンスを聴いている話をすると、JAZZにも一家言あるまっちゃんから、
「ビル・エバンスを聴いてJAZZを分かったようなこと言う人がいるけど、どうかと思う。他に良いのが沢山あるし、わしはビル・エバンスは避けとる。」
との辛口のコメントをいただく。
「聴きやすいしね。」とわし。
わしもクラプトンだけ聴いてブルース知っとるとか言われたら、ん?と思いますもん。

最近"WE WILL MEET AGEIN”をよく聴いています。
ライナーノーツによると1曲目の"Comrade Conrad"は歯磨き粉のCM用に作った曲らしい。
この曲をBGMに歯磨きするシーンをイメージすることは難しいのですが、このメロディーがすごく好きなのです。
朝、通勤で自転車を走らせながら、ピアノ、テナー、トランペットの各セクションをエンドレスで口ずさむくらい。
その後に出てくるナンバーにも、アレンジされて同じメロディーが頻繁に出てきて楽しい。
ラストの"We Will Meet Again"では、ほろっとさせてくれ、たまりません。
分かりやすいから、わしにはちょうどいいのです。

閑話休題
一升瓶もほとんどなくなり、気が付くともう11時過ぎ。
まっちゃんは歩いて団地の奥にある実家へ帰っていきました。


翌日、庭のモクレンの下にエビネを置きました。
e0064783_15213143.jpg

シュンランを植えようとして石を退けたら小さな蛇が。
ヒバカリという蛇の赤ちゃんでした。
この蛇の名前の由来は「猛毒で、噛まれたら命はその日ばかり」と恐ろしいのですが、実際は無毒だそうです。
e0064783_15214238.jpg

ユキノシタの花。ダイモンジソウと似てますね。
e0064783_1522015.jpg

その横に植えたシュンラン。
e0064783_15221444.jpg

サンショウの芽も出盛りです。
e0064783_15222297.jpg


エビネとシュンラン、来年も花が咲くよう大事にしようと思います。
[PR]

by s_space_s | 2010-05-23 15:29 | 日常 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/12687400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by faggio at 2010-05-26 23:10
うちのユキノシタももじゃもじゃになって咲いています。
Commented by ワルテル at 2010-05-27 18:51 x
ユキノシタって、フキの葉っぱをぎゅーっと小さくしたような、肉厚の葉っぱのやつですか?
 
Commented by マツバ蘭 at 2010-05-29 18:45 x
久しぶりの百春、お食事とごちそうになりました。また、遅くまでスミマセンでした。植え換えられたシュンランが嬉しそうに見えます。来春咲きましたらお教え願います。
Bill Evansで何持ってる?と問われて「We will meet again」っていうのも相当マニアックです。トランペットはトム・ハレル、渋っ!
今度はうちで飲みましょう。奥様にも宜しくお伝え下さい。
Commented by s_space_s at 2010-05-31 20:39
ユキノシタは毛深いフキみたいなやつです。
葉っぱは天ぷらにして食べられます。

マツバ蘭さま
またお願いします。
エビネの花はもう萎んでしまったのですが、管理が悪かったのでしょうか?
どのぐらい持つものかお師匠さんに教えていただきたいのですが・・・。
Commented by ワルテル at 2010-06-03 21:34 x
ユキノシタ、知ってました、っちゅうか、うちにもがばがばと咲いていました。がおろさんの写真がすごくクローズアップででかく思えて別ものに見えてしまいました。いやー、かわいい花だなあ。
Commented by マツバ蘭 at 2010-06-13 13:34 x
エビネの花期は短く、萎んだのは管理が悪かったからではありません。日陰に植えてありさえすれば問題ないそうです。
それはそうと、下記の「水槽」のことですが、長良川で小魚を捕ったとありますが、具体的な場所と捕獲方法を教えて下さい。相川橋の上で釣り糸垂れれども、魚影無し、当たりもなし。河口堰以降?小魚が減ったと釣具屋のオッサンが嘆いたそうな。
Commented by s_space_s at 2010-06-13 17:07
ちょっと生活廃水が流れ込んでいるので気持ちが悪いのですが、千鳥橋のすぐ上流左岸に流れ込んでいる用水の出合で採りました。
草が茂っているので、タモでがさがさやって採りました。
たまに貴重なやつも入ります。
めだかっぽい魚はウグイだったらしく、急激に大きくなりつつあります。
すぐに慣れて人影を見ると全員寄って来ます。

あと、NPOで子供たちを遊ばせて魚を採ったことがあるところでは、藍川橋下流の山田川出合のワンドがよかったです。
ここではスモールマウスバスの稚魚まで採れました。
Commented by マツバ蘭 at 2010-06-13 20:58 x
あそこでしたか。来週にでも行ってみます。ブクブクがないと飼えんかなぁ。


<< 白馬大雪渓支流金山沢テレマーク      水槽 >>