2010年 10月 30日

釣り餌現地調達手作りざおの釣りに挑戦

NSネットの企画で手作り竿での釣りに長良川へ行ってきました。

竿まで子供たちに作ってもらうといいのですが、今回は小さい子供も多かったので、竿は良さん手作りということで我慢してもらいました。
ところで、このGAMANをMOTTAINAIみたいな自然保護のキーワードにしようとしている人がいると新聞に書いてありました。
両方ともわしの好きな言葉ではあります。
外国向けのメッセージとして広めたいようですが、ロハスみたいにならないよう祈ります。

話が脱線しました。

餌は浅瀬で子供たちが石をひっくり返して捕まえます。
いろんな水棲昆虫が捕れて、観察もできました。
仕掛けもできるだけ自分でセットして釣りにかかります。
生きた昆虫に鉤を刺すのに抵抗のある子供もいました。
ここは割り切ってなるべく活きがよいまま流せるような刺し方を教えます。
e0064783_14534261.jpg

条件が悪く、数匹ヨシノボリが釣れただけでしたか、終盤で子供たちがブラックバスをたて続けにヒット。
e0064783_1457349.jpg

これは斑点がなくスマートなのでスモールマウスバスかと思いましたが、絞めて食べる段になると同じ斑点が現れたのでラージマウスなのでしょう。
魚って不思議です。
e0064783_1553015.jpg

釣った魚はもちろん焼いて食べました。
採った餌も釣った魚もみんな命のあるもの。
観るだけで、触るな殺すなでは本当の自然体験ではないと思います。

バスはアマゴなどと変わらないくらい美味かったです。
わしも外来魚を嫌っているわけではありません。
彼らはただ必死に生きていこうとしているだけなのですから。
けど、今の長良川がこれ以上変わってしまうのは嫌です。

芝生広場に残された並木を観て歩いていたら、ムクノキの実がたくさん落ちていました。
e0064783_15361967.jpg

この広場はもともと竹林と雑木林が手入れされず放置してあったのを、公園に整備したところです。
昔はわしもキクイモを掘ったりクルミを拾いに行ったりしていました。

並木として残してある樹はほとんどエノキです。
最初の頃、オニグルミも数本残してありましたが、枯れてしまいました。
芝生広場でバーベキューをするのも楽しいでしょうが、子供たちにはもっと自然に触れてもらいたいと思います。
かみさんにムクノキの実を食べさせたら、子供の頃を思い出したと言っていました。
自分で採って食べた記憶は大人になってもずっと残るのでしょう。
ちなみに、ムクノキの実は干し柿そっくりでほのかな甘さです。

良さんの報告
[PR]

by s_space_s | 2010-10-30 15:39 | 自然 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/13534788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 関市安桜山のサイレン塔      メタボラ >>