blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 09日

なめこ採り

揖斐の奥へナメコを採りに行ってきました。
昔、この谷へ沢登りに入り堰堤を越えたあたりで死に掛けの子供のカモシカを見つけました。
弱って動けないようで、大きな傷にはスズメバチが肉を取りに集まって来ていました。
わしはどうすることもできず、そっと立ち去ることしかできませんでした。

堰堤を越えるとりっぱな12m滝が現れました。
e0064783_8211021.jpg

両岸壁のゴルジュ状が続き15m滝を直登してしばらく行くと、地図にない堰堤(平成4年完成)が出ました。

ハーモニカみたいです。
e0064783_8212569.jpg

植林と自然林の混じった谷で、紅葉がきれいです。
e0064783_8214245.jpg

もう禁漁ですが、源流までアマゴが走り、楽しませてくれます。
浅瀬に逃げ込んだアマゴをちょっと捕まえてみました。
e0064783_822145.jpg

中流域には大きな淵がいくつもあります。
e0064783_8222010.jpg

ツガの大木があり根元にクリタケやミネシメジが出ていました。
e0064783_8233100.jpg

遅い時間に入渓したので時間があまりなく、途中の支流から尾根に上がりました。
このころから雨が降り出しました。
尾根の手前は奥美濃には珍しく藪のないすっきりした森でした。
桜やシラカンバに似たミズメの木が多かった。
e0064783_8232020.jpg

ミズメの葉っぱはダケカンバに似てます。
e0064783_8233925.jpg

古い林道の跡が残っています。
e0064783_8235055.jpg

こんな林なら雨の中を歩くのも楽しい。
e0064783_8241231.jpg

尾根の上に池がありました。
e0064783_8242116.jpg

これはナツツバキの幹でしょうか。
雨に濡れたオレンジの樹皮がとてもきれいです。
e0064783_8242881.jpg

立ち枯れの木に近づいてみると古いナメコがありました。
食べられそうなところだけ採って、辺りを見回しながら歩いていくと。
あった!思わす歓声が出てしまいます。
e0064783_8243677.jpg

その後は次々にナメコの木が現れ、夢中で採っていたらビニール袋に3袋満タンになってしまいました。
人間って欲が深いものです。(わしだけか?)
e0064783_8244687.jpg

気が付くともう夕暮れが迫っていました。
里にはまだ遠い。
重いナメコの袋をぶら下げながら、地図とコンパスで山仕事の道を急ぎます。
夕方5時の放送が部落から聞こえる頃、やっと部落はずれの茶畑に着きました。
車に着いて濡れたズボンだけ脱ぎ、夕飯に間に合うよう車を走らせました。
[PR]

by s_space_s | 2010-11-09 08:24 | 山菜・きのこ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/13599261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< アイドリング・ストップ      関市安桜山のサイレン塔 >>