blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 28日

立山初滑り

11月27日(土)
イシハラさんと立山へ初滑りに行ってきました。
もうスキーの季節になったんですね。

立山駅には7時前に着いて、キップを確保してから車で仮眠。
9時のケーブルカーに乗り、高原バスに乗り継いで室堂へ10時着。
まずは一之越へ。
このころから雲行きが怪しくなってきた。
e0064783_20364396.jpg

間もなく一帯はガスのなか。
ルートもよく分からないようになり、春に来た記憶をたよりに登る。
小屋に11時着。ここから覗く御山谷は岩がところどころ出ていて、いまいち。
スキーがだめならピークを踏もうと、龍王岳に向かう。
スキーを叩き込むと雪面がスラブ状に割れるのが気落ち悪い。

初めての龍王岳頂上(と、この時は思っていた)。12時。
富山大学の観測施設がある。
e0064783_20365057.jpg

滑降にはいるころには、平行感覚がなくなるほどのホワイトアウトになってしまう。
ツーステップなどで降りれば降りられるのだが、もったいないので、少しでもガスが薄くなるタイミングを待ちながら滑る。
e0064783_20393591.jpg

御山谷に入るころに、ガスが上がってきた。
e0064783_2037386.jpg

こうなれば雪が少しぐらい悪かろうがこっちのもの。
モナカと吹き溜まりの交互に出てくる広大な谷を気持ちよく、どこまでも滑る。
案外滑れて2300mぐらいまで下り、納竿、いや、納板とする。

気分よく大休止しながら、シールを外しているとき事故は起こった。
新雪のところに置いておいたスキーの片方がちょっと触った拍子にクラスト斜面へ滑り出す。
「こら!待て~!」
言っても聴くわけもなく、少し下の小さな岩でジャンプして視界から消えた。
慌てて追いかけるも、もうどこにも見えない・・・。
e0064783_20371480.jpg

見当をつけて探しに下る。
ところどころ出ているブッシュや岩に一縷の望みをかけ探す。
イシハラさんもシールを着け探しにきてくれる。
つぼ足の行動には限界があり、深入りすれば帰りが心配というか遭難しかねないので、諦め引き返す。

最後に板がジャンプしたあたりをよく観ると、かすかにシュプールがあるではないか。
最初からこのシュプールを追えばよかった。
板はかってにカービングをきめ、思ってもいない方向へ流れていた。
そして・・・ブッシュに突っ込み、その先で雪に半分埋まったように止まっていた。

オートルートでスキーを流してしまった人を見たり、自分でも穴毛谷の源頭からカメラを落としたり。
雪の斜面で滑り出した道具が止まらないのはよく分かっていたはずだった。
気が緩んでいたとしか言いようがない。
とにかく、見つかって良かった。

シールで上り返す。
龍王岳の斜面。
e0064783_20372943.jpg

一之越に2時に着く。
諦めていたここからのスキーは儲けもの。
新雪の美味しそうなところを探しながらボトムまで滑り込む。
e0064783_20375398.jpg

天気はなんと回復してきた。
e0064783_2038655.jpg

室堂に3時ちょっと過ぎ着。

ターミナルのベンチに2人で座り、冷めかけたテルモスのコーヒーを啜る。
吹雪かれて感覚がおかしくなった顎のあたりを撫でながら、
「充実した~。」
宇宙のS氏のフレーズが自然に出てくるのであった。


こちらにも写真あります。
岐阜テレマーク倶楽部
[PR]

by s_space_s | 2010-11-28 20:39 | テレマーク | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/13719414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by haru at 2010-11-28 22:33 x
宇宙のS氏ですか〜 ”血反吐を吐くまで登るんだよ〜〜” なんて事も言っておられましたね〜熱い人でした!!
Commented by ワルテル at 2010-11-29 00:42 x
これこれ、早とちりはいけません。龍王岳はもう少し先ですよ。富山大の小屋があるのは浄土山と一ノ越からの尾根が合流するところにあるなだらかなピークで、龍王岳はもう少し東にもっと高いところがあるのだす。
 わしも20、21と立山初滑りにいってきました。二日とも雲一つない快晴でした。剱沢にちょびっとだけ滑り込んだ時はなかなかええ感じの雪でした。雷鳥沢は荒れまくりのガビガビでイマイチ楽しめなかった。板見つかってよかったね。以前、Sグチさんと鹿島槍の本谷に行ったとき、デポした板が雪崩に流されて数百メートル歩いて下ったら奇跡的に埋もれずころがってて回収できたけど。沢が全面デブリで滑るどころではなかったなんてエピソードを思い出しました。
Commented by s_space_s at 2010-11-29 13:18
尾道に宇宙一うまいラーメンの店がありました。
宇宙っていいね!

ワルテル様
ご指導ありがとうございます。
5万図しか持ってなくて、おまけに老眼が入ってきているので、混同してしまいました。
Commented by t-pastel at 2010-11-30 08:32
スキー板見つかって良かったですね。小生も以前、湧谷山頂上から袋ラーメンを滑らしてしまいました。ラフティングボートのように雪面を飛び跳ねながら滑って消えて行くラーメンに悲しいやら、笑えるやら。そんな記憶が蘇ってきました。


<< 小津権現初冠雪      大智寺の大ヒノキ >>