blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 01日

馬渕製菓のにっき餅

国見岳スキー場に行った帰りに、前から気になっていた、揖斐川町の御菓子屋に寄りました。
国道303号線で揖斐川町市街に入るあたりに揖斐プラザというスーパーがありますが、馬渕製菓はそのお向かいです。
古い看板には「揖斐川名物にっき餅」と書いてあります。
何時前を通っても開いているのかいないのか分からない感じです。
以前に立ち寄ったときは休みだったので、期待しないで寄ってみると、なんとなく開いている様子。

お店の中には大きな水槽があって金魚がたくさん泳いでいます。
お菓子のケースに並んでいるのは見本だけみたい。
声を掛けると、奥からおばあちゃんが出てきました。

にっき餅を7個頼むと、すぐ奥の部屋で作ってくれました。
まず、にっきの入った餅をちぎって丸めたものを餅粉をひいた台の上に7個並べます。
餅を手のひらで少しだけ平たく延ばし、どっさりあんこの入った箱からヘラでがばっと一掬い。
餅の上にあんこを載せて指で餅を器用に延ばしながら包んでいきます。
最後は寄ってきた餅をへそのように摘んで纏めます。
両手でころころっとして丸く形を整えて完成。

もう何年も変わらずこの餅を作ってきたのでしょう。
話しながら作っていても、みんな同じ大きさになっていきます。
奥を覗くと、おじいちゃんが炬燵で水戸黄門を観ています。
「助さんや・・・。」

このあたりの雪のことなど二言三言世間話をして、お勘定して出ました。
おばあちゃんの手は大きくて餅を丸めるための手でした。

味は生八橋の大福版とおもっていただければよい。
1個100円でかなり大きめです。
e0064783_633538.jpg

翌日には堅くなりますが、焼くとまた一味違って美味しいです。
こんどは、にっき入り最中も食べてみたいです
e0064783_634268.jpg

[PR]

by s_space_s | 2011-02-01 06:34 | うまいもん | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/14097631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by YCC船山 at 2011-02-08 07:04 x
ご無沙汰しています。東京YCCの船山です。すいません、パソコンが壊れ、石際さんのメールアドレスがわからなくなってしまったので、こちらで質問させていただいてもよろしいでしょうか。先日錫杖の東尾根を登っていた際、本峰の左側にピッケルのようなものが見えており、不思議に思いましたが、たぶん木か何かがそのように見えているだけだろうと思っていました。ただ、帰宅後に石際さんのホームページを拝見したところ、「上田さんのピッケル」との記載がありました。これはどのような経緯で設置されたものでしょうか。お分かりになられましたら教えていただければ幸いです。(気になってしまいました。)ブログとは関係ない内容で、突然の質問で申し訳ありません。
Commented by 石際 at 2011-02-08 08:29 x
船山さん、お久しぶりです。
みなさんお元気で登ってみえますか。

さてピッケルの件ですが、
これは25年ほど前に、当時私が在籍していた岐阜登高会の先輩の上田さんが若くしてご病気で亡くなられ、生前、錫杖岳が好きでこの岩場に通われていた故人を偲んで、会の有志で上田さんの使ってみえたピッケルを頂上と思われる(私は設置には同行できなかった)ピークに立てたものです。
プレートもないので故人のことをご存じない方には目障りなだけかもしれませんが、あるクライマーの思い出の名残として大目に見ていただけると幸いです。
Commented by YCC船山 at 2011-02-09 00:29 x
早速のご返答ありがとうございました。今日は集会で今帰宅したところです。ピッケルの件ですが、錫杖は本当に地元の方々に愛されている山なのですね。25年も前のピッケルが今も山を登る人たちを見守っているとは驚きました。今度は、ピッケルを見に、頂上まで登ってみたいと思います。ありがとうございました。また機会がありましたら是非集会に遊びにいらしてください。


<< 根尾ネイチャースキー      篁文化村塾開設記念展 >>