blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 20日

揖斐の天狗山1149.2

名古屋のテレマーククラブに所属するIさんをお迎えして、揖斐の横山ダム右岸の天狗山1149.2mへ行ってきました。
Iさんとは今回、始めてご一緒しました。
震災直後のこの時期、遠出するのは控えたいということで、近場にしたわけです。
ひょっとすると、頂上付近では新雪が味わえるのではないかとの期待もありました。

さすがに3月中旬の標高200mでは尾根の末端に十分な雪がなく、ルート取りと下りの藪スキーで苦労しましたが、登った尾根はブナ、ミズナラの自然林がすばらしいところでした。
天狗山北面に200mほど滑り込んでみました。
少々重いが気持ちのよい新雪を楽しめました。

期日: 2011年3月19日(土)
天候: 晴れ
メンバー: いしはらさん、Iさん、がおろ
タイム:親谷橋7:50 尾根上8:40 天狗山10:45~11:10 親谷左俣源頭滑降210m 1080mピーク12:00 親谷川原13:13 親谷橋13:30

ルート図(クリックしてね)
e0064783_8154654.jpg


横山ダム周辺には全然雪がなくあせったが、親谷橋まで行って北面を見るとかろうじて雪が繋がっていた。
橋の下流側から川原へ降りて、橋をくぐり、藪が多い雪の斜面につぼ足で取り付く。
e0064783_2111722.jpg

股まで潜るようになったので、スキーを着ける。
最初から履いたほうがよかった。
e0064783_2112817.jpg

尾根に乗ってしまえば、一部を除き概ね快適。
e0064783_2113646.jpg

ウスタビガの繭。
秋に羽化するので、今の時期は空。
e0064783_2114485.jpg

標高800mを超えるとブナが多くなってくる。
しかし暑い。Tシャツでもいい感じ。
e0064783_211518.jpg

天狗山の南斜面が全層雪崩を起こしていた。
このあたりは雪庇もあるので注意。
e0064783_21215.jpg

頂上直下の快適斜面。
e0064783_2121412.jpg

頂上で休憩し、時間があるで北面に滑り込んでみた。
IさんはK2のファットスキー。
腐っても新雪。これで履いてきた甲斐があったのでは。
ひゅーひゅー!
e0064783_212285.jpg

いしはらさんもGO!
e0064783_2124329.jpg

210mほど滑ると雪もさらに悪くなってきたので、シールで登り返す。
頂上東の1080mピークから北にいい斜面が続く。
e0064783_2125281.jpg

尾根が東向きになるあたりから木立が若干密になり、尾根も細いので、慎重に滑降する。
親谷から尾根に上がった斜面はやはり藪がうるさかった。
いしはらさんは川原まで板を脱がずに降りてしまった。さすが。
わしとIさんは途中であきらめ50mほどつぼ足で下る。

親谷川原は春の気配。
バックが降りてきた斜面。
e0064783_213348.jpg

北アルプスがホームグランドのIさんには、
「いつもこんな感じのやまですか。」
と訊かれてしまいましたが、そういわれると、こんな感じの山が好きみたいです。

これに懲りずまたお付き合い願います。
こんどは高い山にも行きましょう。
[PR]

by s_space_s | 2011-03-20 21:03 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/14464271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by faggio at 2011-03-23 12:41
ぎりぎり雪があったみたいですね。
なかなかよさそうな感じです。
「いつもこんな感じのやまですか。」はおかしかったです。
Commented by s_space_s at 2011-03-24 06:51
新雪も楽しめそうな感じでした。
来シーズンは2月に行ってみましょう。


<< お礼と支援第二回目のお願い。      たくさんのご支援ありがとうござ... >>