blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 17日

乗鞍岳高天ヶ原東尾根

たまにしか行かない乗鞍東面ですが、面白そうな尾根があったので滑ってみました。
さすがに3,000m級だけあってコンディションによっては厳しい滑降となる場合もあることを実感しました。
けど、雪が緩めば気楽に周遊できるいいルートだと思います。

期日: 2011年4月10日(日)
天候: 晴れ
メンバー: K先生、がおろ
タイム:国民休暇村7:30 スキー場トップ8:45 高天ヶ原11:45~12:25 小コル13:20
前川林道13:45 国民休暇村14:45

ルート図:
e0064783_21312029.gif


スキー場は既にクローズで国民休暇村からスキー場をシール登高。
三本滝まで除雪が進んでいるが、一般車はまだ入れず、除雪でできた雪の壁がかえって障害になる。
ツアーコースから位ヶ原手前で外れ、真っすぐコルを目指す。
e0064783_21325418.jpg

左のスカイラインが東尾根の上部。
e0064783_21331373.jpg

昨日雨が降り、薄い氷が張ったアイスバーンとなる。
傾斜が緩いのでスキーを叩き込みながら登る。
e0064783_21332521.jpg

シールも効かなくなったのでシートラーゲンに切り替える。
e0064783_2210693.jpg

高天ヶ原に着き、剣ヶ峰を振り返る。
今日のコンデションでは無理。
e0064783_21333872.jpg

ゆっくり休憩してから滑降開始。
テカテカのアイスバーンのため東尾根の右側のラインは怖くて入れず。
雪が緩んでいればここがいいラインとなる。
e0064783_21335344.jpg

尾根の左側(北面)の出だしは比較的傾斜がないのでそちらにラインを探る。
K先生はガリガリとターンを決めていくが、わしはツーステップで絶対転ばないように下っていく。
頂上直下の岩場の下は斜滑降で横切れそう。
2人で顔を見合わせながら、しばし悩んだが、「行ってみよう。」ということになった。

トラバースを始めると案外エッジが効き、無事尾根に出ることができた。
東面の斜面は早くも表面が緩んできていた。
e0064783_2134648.jpg

そうなればこっちのもんだ。
e0064783_532561.jpg

快適にターンを刻み、あっという間に樹林帯へ。
きんもちえ~!
e0064783_5322640.jpg

樹林帯に入ると尾根が広がるので、コンパスをぶら下げながら楽しくツリーラン。
2つのコブは手前のコルから左手の斜面に入り巻く。
振り返ると東尾根にわしらのシュプールを確認することができた。
e0064783_21341758.jpg

前川林道はほぼ平坦。
シールなしのパスカングでのんびり歩く。
除雪された舗装路に出てスキーを担ぎ国民休暇村に戻る。
[PR]

by s_space_s | 2011-04-17 22:29 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/14624384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ワルテル at 2011-04-19 23:34 x
ありがとうごぜいました。
行くたび気になる尾根です。下部の藪がたいしたことないならええですね~。
Commented by s_space_s at 2011-04-20 16:47
藪は全然問題ありません。
時期が遅くなると笹が出てくるかも。


<< 苦竹の乳銀杏      きんもちえ~! >>