blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 18日

栃ノ木谷(仮称)

揖斐の春日村へ岩魚釣りに行ってきました。
釣果は両手、片足とまずまずでしたが、新緑のきれいな谷を歩くのは楽しい時間でした。
このあたりの谷沿いには植林してあっても栃が残っていることが多い。
昔から飢饉のときの救荒植物の代表だからです。
この谷も大きな栃が残っていて、若い樹も多かったです。

こんな花崗岩の小滝が幾つもあり、滝の上にも源流まで岩魚がいました。
e0064783_232244.jpg

ミズナラの新緑が淡い。
e0064783_2321850.jpg

花崗岩の谷の美しい岩魚。
白い魚体でよく肥えています。
e0064783_2324345.jpg

この滝壺で岩魚が竿を絞りました。
e0064783_2325985.jpg

休憩した河原の浅瀬を見ると川底がきらきら輝いていました。砂金でしょうか。
e0064783_0145100.jpg

大きなトチの木の下で~♪
e0064783_2333010.jpg

珍しいトチとウラジロカシのペアの大木。
e0064783_2334078.jpg

ミズナラの若葉
e0064783_2373041.jpg

イヌブナの若葉
e0064783_17305211.jpg

ネマガリタケのタケノコを少しだけいただき、夕食の汁に入れたら春の味がしました。
[PR]

by s_space_s | 2011-05-18 23:07 | 釣り | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/14801011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 松葉蘭 at 2011-05-23 23:16 x
作業中、鋸歯で細身の葉の樫と見れば=シラカシとしてました。お恥ずかしい。。。
来月の6月25日、26日に、海外溯行同人の総会が長野県は松川で開催されます。今年は角幡君は来れそうにはありませんが(北極)、佐藤祐介、和田城志両氏の参加が決定しています。服部文祥氏は五分五分?だとか。御一緒しませんか?
Commented by s_space_s at 2011-05-24 18:55
シラカシとウラジロカシの葉はよく似ていますね。

海外遡行同人総会のお誘いありがとうございます。
お会いしたら面白そうな方々がたくさん来られるのですね。
お話も聞きたいので、エビネ観がてらおこしください。
Commented by Repu at 2011-06-02 21:04 x
以前の記事にコメントでごめんなさい。
川底にキラキラする鉱物、砂金だったら嬉しいのですが、「金雲母」なのではと思います。
私のもとへ「これ見つけたんですが、砂金じゃないですか?」としばしば持ち込まれます。しかしこれまでは全て金雲母でした。そうお答えすると心底がっかりされて、見ていて気の毒なくらいです。(夢を壊してゴメンナサイ~)
Commented by がおろ at 2011-06-02 22:16 x
花崗岩には金雲母なるものが混ざっているんですね。
きれいなものは金でも雲母でも同じだと思います。
でも、物の名前は大事だと思うので、またいろいろ教えてください。


<< 白馬大雪渓(中退)と長走沢      ブナの森を楽しむ >>