blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 15日

白山観光新道の化石

バスで別当出合まで運んでもらい(400円)、準備体操をしてから出発。
観光新道は最初から急登で、調子を見ながらゆっくり登りました。

登りながら、多分人工的に敷かれた登山道の踏み石を見ていたら、へんな模様のある石がありました。
e0064783_23142477.jpg
e0064783_23144068.jpg
e0064783_23145476.jpg

これも家に帰って、職場の地学のK先生に写真を見ていただきました。

以下、K先生の解説を引用させていただきます。

***********************************

添付の写真は手取層群の二枚貝化石だと思います.
ただ,貝の部分は溶けてしまって,印象化石となっているようですね.
殻は炭酸カルシウムなので溶けてしまうことが良くあります.

白山は火山ですが,山体は小さく,裾野の大部分は基盤の手取層群からなります.
別当出合付近も手取層群ではないかと思います.

***********************************

下山して白峰の「白山展望の湯」に入りました。
ここの露天風呂の壁にも、このあたりで出た植物化石の入った石が貼り付けてありました。

昔(25年ぐらい前)、石徹白の初河谷をG木田くんと登ったとき、恐竜の足跡化石みたいな岩があったのを思い出しました。
そのときはカメラを持っていなかったので記録できませんでした。
その後、G木田くんが専門家の人を案内して谷に入るようなことを言っていましたが、結果はどうやったんやろう?
今になって気になります。








[PR]

by s_space_s | 2011-09-15 20:00 | 山登り | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/15443886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Repu at 2011-09-15 23:47 x
これ、テトリシジミです。中生代ジュラ紀~白亜紀、手取層群の湖底堆積物の泥岩から産出する化石です。
数年前おこなわれた観光新道の整備工事の際、登山道の踏み石として持ち込まれた岩石にこのテトリシジミが多数含まれていました。しかし化石ハンター?により、結構な数の岩石が盗まれたようです。こんな重いものをよくぞ持ち出したな、とビックリですが。
Commented by gaoro at 2011-09-16 12:26 x
Repuさま、いつも色々教えていただきありがとうございます。
10へえです。(ちと古い)
Commented by gokigoki at 2011-09-17 13:05 x
ご無沙汰しております!G木田です。初河谷の化石?覚えてますよ〜
その後'94年の渇水時に可児市の木曽川で10個程のサイの足跡化石を発見、写真に撮り県博物館の先生方と調査というときに水位が戻りその後はずっと川の底です。初河谷の件もお話しし感心をもっておりましたが...釣りキチ三平に火の石の謎という話がありました。イワナ釣りで谷の壁に恐竜の化石がぁ!行って確かめたいですね!
Commented by s_space_s at 2011-09-17 17:13
お~!懐かしい。
元気かね?
そうか、観に行ってないんですね。行ってみる?
Commented by gokigoki at 2011-09-17 23:05 x
ぜひぜひ行きましょう!2月にG大病院で腹を切りました〜ぼちぼち歩いたり登ったりしてます。化石なのか地層なのか想像なのか確かめたいです。


<< Animals      市ノ瀬のドロノキ >>