blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 31日

猫のトト

少し前から家の周りで白黒の野良猫を見かけるようになった。
痩せてあばら骨が見えるぐらいがりがり君で結構年寄りみたいだ。



朝,久しぶりに車で出勤しようとして乗り込んだら,後ろでがたがた音がするのでの覗いてみるとこの猫だ。開けておいた窓から夜中に忍び込んだらしい。目が合うと「にゃー」とかいって挨拶する。普通の野良猫ならパニックになって暴れまわりそうなものだが・・・。ドアを開けてやると「にゃー」と挨拶して出て行った。

それから,かってに縁側に居つくようになり,目やにも出てるし,ふらふらして元気がないみたいで,可愛そうになりうちの猫にすることにした。猫を飼うのは初めてなので,まずはホームセンターでキャットフードとトイレの砂を買ってきた。餌をやると腹が減っていたのだろう1カップ分ぺろっと食べてしまった。目やにを取ってブラッシングしてやると結構器量がいい。とくに尻尾が真っ黒でピンと真っ直ぐなのが気に入った。
e0064783_10191719.jpg
坊主がトトと名前をつけた。いつまで生きるか知らんが,当分家族が増ることとなる。
今朝も出かけるとき「にゃー」と見送ってくれた。
[PR]

by s_space_s | 2005-10-31 12:56 | TOTO | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/1673005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アメフラシ at 2005-10-31 23:07 x
うちにも、ラッキーという名のビーグル犬が居ました。12月の八ヶ岳山麓で、道にうずくまっているところを内の人がどうしても放っておけず、拾ってきてしまいました。地元の人に聞くと、使えなくなった猟犬を山に捨てたんだろうとのこと。一緒にいた友人が「おまえは拾われて、ラッキーだ」と言ったので、そのときからラッキーと呼ばれるようになりました。目やにで目も開けられず、立ち上がるのもやっとだったので2・3日で死んでしまうかとおもったのですが、医者に連れてって餌をやると、1週間で元気な立派な奴になって、びっくりしました。それから7年くらい、一緒に暮らしましたが、昨年のお盆、暑い日に、庭先でばたっと倒れて死んでしまいました。
トトの話を読んで、ふっとあいつのことを想いだしました。
Commented by s_space_s at 2005-11-01 12:37
おす。皆元気で登ってますか?
うちのねこ(トトとかいうのはバタくさいのでわしは「おいねこ」と呼んでいます)も一度獣医さんに診てもらおうと思っています。長生きしてくれるといいが。
Commented by ヨコヤマ at 2005-11-01 23:47 x
うちにも黒猫がいます。前は犬ばかだったのに猫を飼い始めたら猫ばかになってしまいました。動物はいるだけで癒されます。毎日見送りとお出迎えもしてくれるし、本当に可愛いものです。最近は寒くなってきたから膝の上で湯たんぽかわりにもなるし、実用的ですね。
Commented by s_space_s at 2005-11-02 12:28
しょうゆ君とは喧嘩しないですか?
あと,爪切りはやったほうがいいのでしょうか。昨日二人がかりで爪を切っていたら,嫌がって,かみさんが咬まれてしまいました。
Commented by aki at 2005-11-02 19:27 x
私も先日、子猫をひろって帰ったが、息子が動物アレルギーの為、飼うことを断念しました。ひろった場所から家までの往復と家で飯を食わせたりした二時間半余りの短い付き合いでしたが情はうつるもので、別れ時は悲しかった。翌日、その場所に行ったがやはりいなかった、きっと元気に暮らしているのだ!と自分に言いきかせました。
Commented by ヨコヤマ at 2005-11-02 20:56 x
猫の爪切りは家猫ならやったほうがいいと思います。大き目のバスタオルなどをかぶせて身動きできないようにしてやります。でも、やっぱりその後は引っかき傷だらけですが。無垢の木の柱が爪を磨くのにちょうどいいらしくすごいことになっています。薬剤ぬったり、他に爪磨きのダンボール置いたりしていますが、お気に入りらしくぼろぼろです・・・
Commented by s_space_s at 2005-11-04 12:36
ペットのブログみたいになってきましたね。
うちも10年近く前,娘が子猫を拾って来たのですが,とても飼えないと思いもといたところへ戻しに行かせました。娘も坊主もこんどの猫はそれによく似ている,家を憶えていて戻ってきたのだと言っています。猫の寿命はどれくらいかよく知らないのですが・・・
ひどい爪とぎはしないので爪を切るのはやめました。トイレもなぜか風呂場の水の流せるところでするので感心しました。どこで飼われていたのかな。


<< きのこ採り      天網恢恢疎にして漏らさず >>