2011年 11月 19日

冬の源流の森指導者養成講座

ODSSの北さんから講習会の案内がありましたので、ここに掲載します。

(以下本文)

NS-net・ODSS北川です。
今年も開催します「冬の森を歩く指導者養成講座」ご案内です。
ご案内が遅くなりました。ぜひ、乗鞍高原においで下さい。

================================================
      冬の源流の森指導者養成講座
   (CONEリーダー・RACリーダー養成講座)
================================================
NPO法人エヌエスネットでは各団体の協力を得て冬の源流の森指導者講習会を開催します。
この講習会は、冬の源流の森での自然体験活動の指導者養成、スキルアップ、指導者の交流を目的としています。講座では冬の森の自然観察、講習テクニック(テレマーク・スノーシュー・XCスキー)、安全対策(搬送法・引き上げ、ロープワークド、ファーストエイド)を学びます。
指導者が交流し情報交換する場として、お互いに高め合うという気持ちでご参加いただければ幸いです。
恒例の、冬の自然体験の道具の特価販売会も開催します。

●開催期日/ 2011年12月14日(水)~16日(金)
●開催場所/乗鞍高原(長野県松本市安曇乗鞍高原)
●集合場所/乗鞍高原 ふれあいパーク(乗鞍高原番所) 
●参加費/15,000円(1日参加5,000円)
CONEリスクマネジメント講座(16日午後のみ1,000円)
※宿のご案内できます。(1泊2食8,000円程度)
※1日1講座だけの参加もできます。(5,000円)
※情報交換会(夕食会)には別途会費3,000円です。
※昼食弁当(500円)、レンタル(スノーシュー、XCスキーセット、テレマークスキーセットは予めお申込ください。
※選択コースにより持参する必要のある装備があります。

●日程  
・12月14日(水)
8:40より受付 乗鞍ふれあいパーク集合受付
9:00-12:00「森の仕組みとつながり」(屋内)
(講師:小野木三郎 日本自然保護協会)
森の仕組みをスライドや資料を使ってプログラム作りの視点で学びます。
冬の森での木や自然とのつながりを知ります。
12:00~13:00昼食(各自)
13:00~16:00森の仕組み発見プログラムつくり」(屋外)
(講師:小野木三郎 日本自然保護協会)
フィールドに出て森の観察やプログラムつくりのヒントを見つけ、冬の森の指導法やプログラム組み立てを学びます。
その後、実際の指導プログラムを各自で作り共有します。
16:00~17:00「雪の森の道具紹介」(屋内)
(講師:氣田念充 ミヤコスポーツ)
スノーシューやバックカントリースキーの製品、小物の紹介、手入れや補修など専門的な知識を輸入元担当者が紹介
17:00-18:00 入浴、休憩
18:00-20:00「情報交換交流会」
(会場未定、会費3,000円)自由参加

・12月15日(木)
9:00 ふれあいパーク集合
9:00~16:00冬の森の指導技術」(屋外)A~Cを選択

A: 歩くスキー(講師:気田充念 全日本NW連盟)
クロスカントリースキーを使って冬の森を楽しむ指導法を学びます。初めて歩くスキーを履く人が楽しく技術を学びスケーティングができるまでの指導法を学びます。
【クロスカントリースキーセット】

B:テレマークスキー」(講師:山田誠司MMS)
アドベンチャースキーレースにもチャレンを続ける山田誠司さんのテレマークレッスンです。
テレマーク指導者の指導スタイルを学びます。スキーゲレンデで行います。
【テレマークスキーセット】

C:スノーシュー(講師:北川健司中部山岳ガイド協会)
上高地のフィールドを使って、ツアーの運営を学びます。
コース上の雪崩の注意箇所などツアー管理のリスクマネジメントや、自然観察のポイント、雪の森の遊び方など。
【25000/1上高地、コンパス、スノーシューセット】

16:00~17:00 「冬の森の指導技術ふりかえり」(屋内)
講習のふりかえり技術講習のまとめを室内で行います。

・12月16日(金) 9:00 ふれあいパーク集合

A(午前):9:00~12:00:「ファーストエイド講習会」
(講師:北川健司 中部山岳ガイド協会)
山でのファーストエイドをテーピングから骨折の処置まで対応する技術を学びます。
事故現場を想定してのチームレスキューも行います。
ファーストエイドの新しい装備の紹介もします。
【ファーストエイドキット、テーピングテープ】

A(午後):13:00-16:00「リスクマネジメント講座」
(講師:北川健司 NPO法人エヌエスネット)  
ディレクターレベルのリスクマネジメントを学びます。

B:9:00-16:00「事故の安全対策、搬送法、引き上げ、ロープ技術」(室内及び屋外)
(講師:木村道成 日本プロガイド協会 )
多くの遭難事例に携わってきた山岳プロガイドから事故予防対策や現場での対応、搬送技術、ロープワークなどを講習いただきます。
40度程度の斜面でも雪の森では負傷者を引き上げ運ぶ技術を学びます。
【ザック50L以上、ハーネス、スリング4本、カラビナ4、ロープ50m】

16:00~16:30「講習会全体のふりかえりアンケート」(屋内)
16:30~17:30「RAC、CONEリーダー理念」
RAC・CONE登録希望者のみ

………………………………………………………………………
●主催:NPO法人エヌエスネット、中部山岳ガイド協会  
●協力:ミヤコスポーツ、アウトドアサポートシステム
●申し込み・問い合わせ
NPO法人エヌエスネット tel058-249-1166fax058-248-4722
500-8141岐阜市月丘町5-13 kenji@odss.co.jp
………………………………………………………………………
[PR]

by s_space_s | 2011-11-19 12:49 | 自然 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/16851648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< あほばなし      山越えして旧徳山の茂津谷へ >>