blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 23日

月の株

勤労感謝の日は立山へ初滑りに行く予定でした。
天気は思ったより悪くなさそうでしたが、積雪が少ないので中止。
かみさんと揖斐の飯盛山へ「月の株」を観に行ってきました。

駐車場から少し登ったところで、またまたクマの爪跡。
この木はカラスザンショウかな。
e0064783_23441100.jpg

登山道にもなにやら生々しい足跡が。
e0064783_2362411.jpg

鈴を忘れたので、二人で大声でしゃべりながら登りました。
飯盛山までは公園整備がされていて、登山道にも階段があります。
石灰岩のため、岐阜のあたりとは植生が異なり、雰囲気が違います。

思ったより登ったところに左に入る脇道があり、その奥に「月の株」はありました。
e0064783_23505.jpg

根周り6mを超えるケヤキの大木です。
e0064783_2351189.jpg

案内板
e0064783_2313952.jpg


月の株の下にいたシカが2頭、白いお尻を見せて逃げて行きました。

飯盛山でご夫婦らしい年配(わしらも変わらんか?)の登山の方とお話をしながら休憩。
ご主人に西津汲793.4mまでのルートを教えていただき出発。
シャクナゲやカヤの小木が生える石灰岩の急斜面を赤テープを追って降りていきます。
鞍部からは、奇妙な森。
ケヤキやイヌブナの高木の下には、シロモジやクサギのひこ生えのトンネル。
e0064783_2365335.jpg

トンネルの下にはシカの獣道が縦横無尽についています。
e0064783_237316.jpg

ふん、ふん、ふん、黒豆よ♪
e0064783_2371523.jpg

ここにもシカの寝床
e0064783_2372852.jpg

皮を食べた痕
e0064783_2374059.jpg

紅葉のきれいな西津汲の頂上は石灰岩が苔むして日本庭園のようです。
e0064783_2381372.jpg

カラスザンショウの成木は初めて見ましたが、棘由来のイボイボが特徴的です。
e0064783_23101289.jpg

同はっぱ。
e0064783_23102015.jpg

ツルマサキの実がきれいでした。
e0064783_23104863.jpg

少しですがこんな秋の幸も。
e0064783_2382432.jpg

甘い香りのエノキダケ。
e0064783_2383664.jpg

頂上付近にはシカの寝床やサルの糞など、動物の気配が濃厚です。
e0064783_2384720.jpg

このサルは葉っぱを食べているのでしょうか。
e0064783_239053.jpg

面白い形をしたクサギの冬芽
e0064783_2391688.jpg

どうも落ちているものに目が止まります。
これはテンかな。
e0064783_2392851.jpg

飯盛山に戻り、整備された遊歩道を下ります。
左手の崩壊壁は覗き込むと怖いぐらいです。
e0064783_2394734.jpg

この先の痩せ尾根のあたりは、野鳥の溜まり場になっていました。
シジュウカラ、ヒガラ、ヤマガラなどなど。

半日コースですが、ちょっと珍しいものが沢山観られたハイキングでした。

駐車場8:20 飯盛山9:50 西津汲11:30 駐車場13:40

帰りに谷汲の販売所で渋柿を買って帰りました。
今、2階の軒先に30個ほど皮を剥かれてぶら下がっています。
[PR]

by s_space_s | 2011-11-23 23:13 | 巨木巡礼 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/16947398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by faggio at 2011-11-28 20:52
沢はもう寒いし雪はまだ降らんし、
中途半端な時期ですが近所をぶらつくにはいい時期だと思いました。
徳山に行ってなければわしも月の株を見に行ってました。


<< 川と山のぎふ自然体験活動の集い...      祭りのあと >>