2011年 11月 30日

川と山のぎふ自然体験活動の集いに行ってきました(その2)

午後の部の最初は「餌飼鍋の作り方講座」に参加しました。
「餌飼鍋保存会」会長であり最近閉店した居酒屋「峠」のご主人、高橋さんを講師にお呼びしました。
北さんが岐阜市内のスーパー・マルナカで仕入れてきたメスの長良川産モクズガニは20匹。

「餌飼鍋」はカニ入りの味噌味の芋煮を想像していただければよろしい。
e0064783_23521424.jpg

生きたカニを1つずつ北さんのショイナード・ハンマーで潰していきます。
皆さんには、この体験が一番印象に残ったようでした。
e0064783_23522697.jpg

里芋、大根、長ネギ、牛蒡、白菜、エノキ、シイタケ、ブナシメジ、厚揚げ、こんにゃくなど大量の具を切って用意しておきます。
e0064783_23523898.jpg

ハンマーで潰したカニの入った鍋に水を入れよくかきまわします。
ザルで濾したものがこれ。
e0064783_23525580.jpg

2回ほど水を入れて濾しましたが、ハンマーで潰しただけではまだ美味しいところが殻に残っている感じでした。
家でやる(この言葉要注意)場合はミキサーを使うとよろし。

酒を入れて沸騰させると、カニ味噌が花のようにふわっと浮かんできます。
ここで食材投入。
ある程度煮えたら最後にお好みの味噌を入れて完成。
煮詰まってくると辛くなるので、薄めにするのがコツのようです。

1週間前に高橋さんのご自宅で餌飼鍋パーティーをやっていただいた時には、カニは半分にぶつ切りにしてやりました。
カニをちびちびほじくって食べる楽しみがあるので、わしはこちらが好みです。

あと、モクズガニの塩茹では非常にシンプルで美味しいのですが、生きたカニを水から茹であげるのがコツです。
鍋の中で暴れまわるので多少残酷ですが、熱いお湯に入れると破裂して手足がばらばらになってしまうので注意です。
[PR]

by s_space_s | 2011-11-30 12:58 | 自然 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/16984202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 餌飼鍋の由来      川と山のぎふ自然体験活動の集い... >>