blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 09日

加水分解

かみさん連れて国見に行きました。
4本ぐらい滑ってから、先に滑っていったかみさんが変な転び方をしています。
滑って行ってみると、片方のスキーが外れていました。
スキーを取ってやって履かせようとして、スキーブーツの前3分の1ほどがもげてインナーだけになっているのに気が付きました。
なんかスキーがコントロールできないなと思ったらコケて外れたそうです。

スキーブーツは10年以上前に購入したラングの柔らかめのモデルです。
朝、駐車場で履いているのを見た時には異常には気が付きませんでした。
しかたがないのでスキーを外し、歩いてスキーセンターに行ってブーツをレンタルすることにしました。
歩いて行く途中で外れなかったほうの靴も徐々に崩壊しはじめ、カウンターで脱ぐころには両方ともばらばらになってしまいました。
(写真が撮れなくて残念)

スキーブーツはポリウレタンで作られていることが多いそうですが、安いモデルには加水分解しやすい素材が使われていることもあるようです。
高級素材のものでもやはり経年劣化は避けられず、5年が目安と言われています。
この話は、昔ローバーのプラブーツが山行中に崩壊する事故?が頻発したことがあって知っていました。
けど、突然崩壊する様子は、外気に触れたミイラ怪獣が一瞬にしてボロボロに崩れるみたいでショッキングでした。
(どんなイメージ?)

テレマークをやり始めたのが2003年なので最初に買ったスカルパT3がもう8年になります。
今、年数数えてびっくり。8年やっても全然うまくなりません。
そのT3を履いて何も考えず山奥へ入ったりしていますが、今、かなりびびっています。

こざえもんさんのビンディング崩壊事件もあったしね。
[PR]

by s_space_s | 2012-01-09 22:15 | テレマーク | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/17190433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by haru-ss at 2012-01-09 22:21
おいらも経験が有ります.ターミネータ2で液体金属のT1000
が,これまた液体窒素で冷却されて歩くたびに足が壊れる様にボロボロとこわれて行きました.
これが登山靴で山の中だったら...ですわ〜〜(恐)
Commented by ワルテル at 2012-01-09 22:53 x
○地○○所の冬訓練でも、以前はプラブーツが崩壊するのが定例となっていて、各班の指導員はこれに備えてガムテープをいつも腰にさげて、有事に備えていたのを思い出しました。
 初恋のきた道、前にも書いてたね。失礼しました。でも好きなもんで・・・。
 AKBのファンは、自分が好きなメンバーを「推しメン」といって決めているそうです。わしも知り合いにマニアがいて、推しメンを教えろと言われて、だれもわからんかったのですが、工事現場の安全喚起のポスターになってたコが高橋みなみと言う名前だとわかり、その名前を言ったら、不通大島優子だろといわれ、じゃあなんで聞くんだ!な気分のこの頃です。
Commented by s_space_s at 2012-01-11 05:37
プラブーツはいつかは崩壊する運命なんですね。
最近は冬山用の登山靴もナイロンやレザーが使われるようになりましたが、テレマークブーツもそうなるのでしょうか。


<< 十五社神社の逸見杉      プロマイド >>