2012年 01月 22日

乗鞍高原研修

ガイドの研修に乗鞍高原のODSS上高地・乗鞍ブランチに行ってきました。

1日目の午前中は乗鞍高原をスノーシューで散策する松さんのツアーに付いて行きました。
スノーシューは初めて履きましたが、何点かの注意点だけ押さえれば、誰でも楽しめる道具でした。
国民休暇村から出発しました。
e0064783_23163153.jpg

氷った牛留池を歩いて渡ります。
e0064783_23164631.jpg

近くにあった、面白い木。
「ねじねじの木」という名前が付いています。カラマツです。
e0064783_2317026.jpg

途中、尻セード(とは言っていませんでしたが)したり、スノーシューダウンヒルしたりしながらメインの善五郎滝へ。
残念ながら、ここ数日の温かい天気で7割ぐらいの氷が落ちてしまっていました。
e0064783_22275379.jpg

その後、いい斜面を見つけて橇滑りをしました。
大人になっても、こういう遊びは楽しいもんです。
皆さん適度な疲労感でご満足のようでした。

お昼はキタさんと地元のおばちゃんたちがやっている蕎麦処「いがや」へ行きました。
e0064783_22281353.jpg

十割蕎麦は素朴な感じ。
定食を頼みましたが、葱味噌を塗った蕎麦おやきがめちゃ美味しかったです。
ご飯が切れていて、ご飯なしの定食でも満腹でした。(蕎麦が大盛なんで)
e0064783_2228274.jpg


午後はステップソールのテレマークで北さんとスキー場から一の瀬園地へのツアーをやりました。

乗鞍スキー場の第3駐車場から左のゲレンデをスキーで歩き、クワッド1本でかもしかゲレンデ下に着きます。
そこから左手の「子リスの小径」に入り途中から右にそれて南に向かいます。
特徴のない地形なので、初見では地図、コンパス必携です。
薮と重い新雪で滑降は少し苦労。(そこがまた楽しい)
e0064783_22284454.jpg

一の瀬園地はネイチャースキーの天国です。
e0064783_22482433.jpg

大きなウラジロモミ
e0064783_2229598.jpg

ネズミが新雪にトンネルを掘って進む足跡を見つけました。
e0064783_22501077.jpg

わしは板のメンテが悪く、湿雪が下駄になり平坦地では北さんに置いていかれました。
反省。反省。
スーパー林道を頑張って歩き、ODSSのオフィスがある観光センターに夕方着。
半日で楽しめるお勧めコースです。

ルート図
e0064783_2395197.jpg

いがやスキー場にある社員宿舎に戻り、少しビールと酒を飲んでから、国民宿舎「ふもと」の温泉に入れてもらいに行き、夜は居酒屋になっている喫茶店でまた飲んで帰りました。

社員宿舎のわしの部屋は暖房が入らず、シュラフに入って寝ました。
なんか変な夢を見ました。(どこかの工場みたいなところに屋根から忍び込む夢)
e0064783_22503170.jpg


2日目は4時起きで、上高地スノーシューツアーをガイドするもっさんとシミズさんに付いて行きました。
新しい釜トンは初めて歩きました。
長さ1.3km、最大斜度は11%です。
歩きやすくなりました。
e0064783_2321666.jpg

大正池の立ち枯れの木立はほとんど無くなっていました。
e0064783_2322913.jpg

河童橋からの岳沢の景色
e0064783_2323950.jpg

シナノキの由来と信州の関係、ウエストンの逸話、お客さんを楽しませる演出などもっさんのガイドについて回って勉強になることが多かった。
ニホンザルの糞と食痕、カラマツの老木の幹など面白いものも観察できました。

お客さんを送った後、宿舎へ送っていただき、研修は無事終了しました。
上高地・乗鞍ブランチの皆様、お世話になりありがとうございました。
2月の検定でまたお世話になります。

いがやスキー場にある宿舎ベルン
e0064783_2324896.jpg

[PR]

by s_space_s | 2012-01-22 23:22 | 山登り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/17257964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 晩酌の店 三平      B.B.はガタガタ(GOT G... >>