2012年 02月 12日

ステップソールで池田山923.9m山頂牧場跡

池田町に職場があるかみさんが土曜日出勤だったので、乗り合わせて出勤してもらい、近くの池田山へステップソールで遊びに行きました。
伊吹山は数年来の豪雪だそうですが、その隣にある池田山も十分積雪があり、テレマークを楽しむことができました。
頂上のなだらかな地形はステップソール向きで、牧場跡があったり、コナラ、アカマツ、スギ林のツリーランも。
アカマツ林のツリーランなんて珍しいでしょ?
動物の足跡や樹木の冬芽を観察しながら、のんびり1日ぶらぶらしました。

スタートは揖斐川町から春日村に入る入口の瑞巌寺。
ひと気のないお寺の駐車場に車を置かせていただきました。
林道入口がわからず、うろうろしていると、お墓にお供えでもしに来た様子のおじさんが道を教えてくれました。
山頂手前には、昔の牧場跡もあると聞き、楽しみが増えました。

足打谷林道との分岐までは除雪してありました。
徒歩30分。ここまで車で来たほうがよかったかも。
e0064783_21224151.jpg

ステップソール限界斜度の林道をどんどん登ります。
一汗かくと昨夜の酒も抜け、ステップの利かせ方も思い出してきました。

先日滑った"The Bald Head"が谷の奥に見えました。
e0064783_21225412.jpg

フサザクラの黒いつやのある冬芽
e0064783_21231119.jpg

同樹皮
e0064783_21232081.jpg

シカやウサギの足跡が縦横無尽に走っています。
その後、牧場跡の奥で茶色いノウサギも間近に見ました。
e0064783_21233329.jpg

シロモジの可愛い冬芽(どことなくクロモジに似ています)
e0064783_21234774.jpg

ニホンリスが松の木に上がっていった足跡です。
木の上にリスがいるかなと思いましたが、裏には下りて別のほうへ向かった足跡が残っていました。
e0064783_21235658.jpg

杉林から突然林道へ乗り入れたラッセル跡
e0064783_2124582.jpg

よく観ると、副蹄(後ろ爪)の跡がはっきり付いていて、イノシシだとわかりました。
左が前です。
イノシシは足が短いのでラッセルしながらの移動になるんですね。
e0064783_21241777.jpg

標高600mほどからプラトーとなりコナラ、アカマツの疎林となります。
e0064783_21243099.jpg

おじさんの言っていた牧場跡に着きました。
景色が素晴らしい所なので、ここまで来るだけでも楽しいハイキングになりそうです。
この辺りにはちょっとしたパウダー斜面もあり楽しめます。
e0064783_2124392.jpg

さらに林道を歩き池田山に向かいます。
e0064783_2124508.jpg

のんびりしすぎて時間がおしてきたので、池田山は諦め手前のピークまでとしました。
後ろの木はエゴノキ。
e0064783_2125736.jpg

大休止しながら行動食をほおばり、冬芽を観察しました。
ネジキ(日のあたる表が赤で、あたらない裏が緑なのが面白い)
e0064783_2134865.jpg

クロモジ(丸い2個の花芽が可愛い)
e0064783_21342245.jpg

ウリハダカエデ
e0064783_21345354.jpg

帰りは林道を歩かず、こんな感じの尾根を歩いたり滑ったりして戻りました。
e0064783_2135611.jpg

ステップソールでも新雪はきもちんよか~。
e0064783_21353918.jpg

瑞巌寺へ戻り、そそくさとスキーをしまい、池田町へむかいました。
e0064783_21355681.jpg

今度は池田山まで行ってみよう。
[PR]

by s_space_s | 2012-02-12 14:32 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/17356464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 最近読んだ本(哺乳類のフィール...      オフピステ・ガイド検定 >>