blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 14日

蓮如峠から蓮如ピーク(仮)1441.5m

現在,白山スーパー林道の岐阜県側の料金所のある旧馬狩の集落。
ここから廃村加須良に抜ける道の峠に蓮如上人がお座りになったと言われる岩があります。
蓮如岩と名付けられ,地形図にも表記されています。
峠も蓮如峠と呼ばれ,昭和初期まで往来があったようです。

こんな悲しい歴史もありました。
弧村のともしび

トヨタ白川郷自然学校が取り組んでいる古道再生プロジェクトの話を聞いて,この峠と蓮如岩に興味を持ちました。
また,峠の南にある1441mピークの台地状の地形も面白そう。
この日曜日に,こざえもんさんを誘って,ステップソールで遊びに行ってきました。

蓮如岩は蓮如上人が座られたくらいの岩なので,今の時期は積雪に隠れ見ることはできませんでした。
1441mピークは自然学校のインタープリター加藤さんから,自然が手付かずで残り,クマが多数生息する素晴らしいところと聞いていました。
ブナ,ウダイカンバなどの原生林とクマ,キツネ,カモシカ,ノウサギ,イノシシなどの動物が非常に濃いのが印象的な畏敬の念さえ覚える場所でした。
多数のアニマルトラック(でかいクマのも)はもちろん,カモシカを間近で観察し,イノシシとカモシカの新しい死体を観ました。

一番心配していたのは,横谷の横断です。
往路はブーツのまま,じゃぶじゃぶ徒渉しました。
帰路は,ラッキーなことに地形図には表記のない林道が延びてきており,この林道の橋を使ってスーパー林道に戻ることができました。
帰路のルートを使えば蓮如峠,1441mピークを比較的容易に往復でき,ブナ林の滑降が楽しめます。
このルートで経由することとなる,スーパー林道から分かれた横谷側の斜面も美味しそうなところがありました。

パウダーの時期にまた行ってみたいと思います。

【山域】白山北部
【場所】馬狩周辺
【日時】2012年4月14日(土)
【コース】自然学校~蓮如峠古道登り口偵察~スーパー林道~尾根経由で横谷徒渉地点~
     蓮如峠~1441mピーク~蓮如峠~横谷左岸林道経由スーパー林道~
     林道下斜面滑降~自然学校
【メンバー】こざえもんさん、わし 
【天気】小雨のちくもり
【タイム】自然学校7:30 スーパー林道8:45 横谷徒渉地点10:30 蓮如峠12:00
     1441mピーク14:20 蓮如峠15:20 スーパー林道17:20 自然学校18:00
【ルート図】クリックしてね
e0064783_74831.jpg

蓮如峠への古道の状況をまず見に行きましたが,スキーが使えそうにないのでスーパー林道に戻ります。
こざえもんさんはおニューのMADSHUSのウロコ板。
わしのとは太さが違うなぁ。
e0064783_743975.jpg

天気は小雨からホワイトアウト気味。
蓮如峠も霞んでいます。
e0064783_744840.jpg

林道終点から横谷への急斜面に滑り込みます。
e0064783_745783.jpg

谷は増水して徒渉すれば濡れずには済まない感じ。
二人で行くか戻るか暫し思案のときがありました。
e0064783_75618.jpg

やっぱり渡ろうということになりました。
ここは中洲の手前で,向こう側の水量はもっと多く,完全に濡れました。
e0064783_751438.jpg

滑ってきた尾根を振り返る。
e0064783_752180.jpg

峠への支流は最初,堰堤が連続しますが,谷は開放的でスキー向きです。
e0064783_753686.jpg

帰りの滑降が楽しみです。
e0064783_754824.jpg

途中から谷は急になります。
e0064783_755534.jpg

カエデの大木とこざえもんさん
e0064783_7676.jpg

山から降りてきた新しいクマの足跡
e0064783_761536.jpg

この足跡の主は中ぐらいか。
あとでもっと大きな足跡を見ました。
e0064783_762290.jpg

峠まではブナ,カエデの疎林。
峠の向こうは木が小さく,昔、斧が入ったのでしょうか。
e0064783_763184.jpg

峠でご機嫌なこざえもんさん。
e0064783_764098.jpg

峠から上は少し急になります。
e0064783_765373.jpg

台地に上がったところに不思議な感じの広場がありました。
e0064783_774435.jpg

ブナ,ウダイカンバの原生林は怖さを覚えるほど。
e0064783_775825.jpg

苔のついたブナの大木
e0064783_78732.jpg

クマの木登り跡
e0064783_781815.jpg

今日一番の大木
e0064783_22442828.jpg

ピークの手前で予期しなかった,大きな雪庇。
崩落しているところもあり,ガスが掛かった状態で,越えるのは無理かと思われました。
e0064783_783727.jpg

また暫し思案のときがありました。
ここまでで戻ろうかと思ったとき,一瞬ガスが切れました。
これも他力の妙でしょうか。
雪庇の崩れた部分から這い上がり遂にピークに到着(合掌!)
時間も押しているので行動食を少し食べすぐ出発。
e0064783_784873.jpg

ステップソール天国です。
e0064783_79148.jpg

旧加須良の集落跡が遠くに望まれました。
e0064783_79118.jpg

峠からの谷の滑降も快適です。
e0064783_792034.jpg

下部の広い斜面を楽しみます。
e0064783_795490.jpg

横谷を渡る橋が架かっていました。
e0064783_710534.jpg

カモシカの死骸。内蔵だけ食べられていました。(合掌)
e0064783_7101834.jpg

エノキダケが出ていました。(大根おろしでいただきました。)
e0064783_7102888.jpg

林道をのんびり歩いてスーパー林道に戻りました。
e0064783_7103760.jpg

5時過ぎでしたが,林道下の斜面をもう一滑りして帰りました。
もう、お腹いっぱいの大満足な1日でした。









[PR]

by s_space_s | 2012-04-14 14:45 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/17792219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kozaemon at 2012-04-19 06:31 x
雪壁を照らした一瞬の明かりは蓮如さんだったんでしょうか?
鳥肌ものでした。(合掌!)
Commented by s_space_s at 2012-04-19 12:25
登る気力と体力とあとは自然まかせですね。


<< The Artist      乗鞍大黒岳2772m >>