blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 24日

金環日食を観た(正確に言うと見てない)

日本全国,金環日食で盛り上がりましたね~。
私もこういうお祭り騒ぎは好きなので,通勤途中にピンホールを開けたボール紙で観察しました。

当日は家を7時ちょっと過ぎに出ました(自宅は岐阜市です)。
外は快晴なのに薄暗く,悪い夢でも見ているような雰囲気になっていました。
さらに,自分の影がいくつも重なって,目が霞んでいると錯覚するような感じが,「ただならぬ」感覚を強めていました。
動物園の猿が不安になったのも分かります。

ピンホールでできた金環。
影の輪郭が霞んだようになっています。
(スクリーンにしたポスターに特に意味はありません。)
e0064783_052433.jpg

指の影絵でもリングができました。
e0064783_05375.jpg

木漏れ日もリング,リング,リング・・・。
e0064783_055157.jpg

当日,かみさんが庭でみつけたアマガエル。
寝ているみたいだったらしいです。
それとも,金環を見て目をやられたか?
e0064783_06351.jpg


今回の金環日食を利用して,太陽の半径を正確に計るプロジェクトも実施されたようです。
天文については素人ですが,太陽のイメージとして,なにかガスの塊のような存在で,炎に決まった形がないようにどこが表面なのかはっきりしないものかと思っていました。

どの部分をもって太陽の表面とするのか定義されないと,半径の測定もできないのでは?
定義できても,その部分が絶えず動いていたら,これまたどの状態の値を測っているのかは問題にならないの?
などと考えていたら夜も寝られなくなっちゃうんですよね。
(古い?)

どなたかご存知の方がみえましたらご教示ください。
[PR]

by s_space_s | 2012-05-24 08:27 | 自然 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/18031301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< セックン      初心に帰って >>