blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 21日

裏山散歩

裏山に数本の山栗の木があります。
e0064783_1856150.jpg

木の下には沢山の小さな栗が落ちています。
まだ、イガの中に入ったのが多い。
イガを両足の裏で挟むようにして剥きながら、栗を拾います。

外に出てしまった栗は拾いやすいのですが、既にクリシギゾウムシに卵を産み付けられていることが多い。
また、獣に齧られ食痕として散らかっているものもあります。
タヌキの食事の跡かもね。
さすがにイガに入っているのは食べられないのでしょう。
e0064783_18561525.jpg

ビールを飲みながらのんびり拾います。
e0064783_18562347.jpg

虫の入った栗も拾って帰り、釣りの餌にするか、自分で食べます。
クリシギゾウムシの幼虫はけっこう旨いのです。

帰りに、じいちゃんの家に寄ったら、ハチの子の佃煮がありました。
これを肴に一杯いただきました。
小さい頃からこんなの食べているので、虫を食うのにあまり抵抗がありません。
e0064783_18593924.jpg

拾った栗は、栗ご飯と焼き栗にしていただきました。


次の週に、また裏山をうろついていると、タヌキの溜め糞を見つけました。
e0064783_18563497.jpg

この日は、近所の山好きなご主人に教えていただいたナツハゼの実を食べてみました。
ブルーベリーを小さくしたような感じで、ジャムにしても美味しいらしいです。
e0064783_18565450.jpg

ナツハゼの葉っぱは毛が生えていて、この時期きれいに紅葉しているので分かりやすいです。
e0064783_190161.jpg

同じツツジ科のシャシャンボの実も食べられると聞きましたが、よく分かりませんでした。
すごくいい天気でどこか沢にでも行きたいところでしたが、月曜日に英語でプレゼンすることになっていて、スライドの準備をしていたら半日つぶれてしまいました。
でも、遠くへ行かなくても、面白いものは沢山あります。
e0064783_1901031.jpg

マルバアオダモの葉っぱと冬芽が一緒に観察できました。
e0064783_1902395.jpg

おすわらさままで縦走して、送電線の巡視路をおりたあたりで、灰色の大きな動物が逃げていくのを見ました。
尻が白いような気がしましたが、シカはいないと思うので、たぶんイノシシでしょう。
[PR]

by s_space_s | 2012-10-21 19:01 | 自然 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/19075978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まっちゃん at 2012-10-24 08:11 x
「おすわらさま」ですか。面白い話を聞かせてもらいました。
3年程前に、家族で岩滝の六所神社から登りだして馬蹄形をたどって団地の実家まで歩いたことがあります。遠くへ行かなくても面白いものはあるもんだとその時思いました。また歩こうと思います。
Commented by s_space_s at 2012-10-24 12:21
「おすわらさま」の話は六所神社の奥の院を勘違いしただけでした。また寄ってください。


<< 居酒屋くしびき(続き)      居酒屋くしびき >>