blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 24日

居酒屋くしびき(続き)

店に入るまでのお話

店に入ってみると、外から見た感じと違って、ほぼ満席。
5人しか座れないカウンターに常連らしいおっちゃんたち4人が飲んでいる。
真ん中にいれてもらって,まず、熱燗の大きいのをおばちゃんに頼んだ。

奥のほうには小上がりもあって、家族連れのようなグループが色々注文しながら飲んでいた。
2人のかなり年配のおばちゃんが切り盛りしていて、なにも考えなくても、
「お兄さん煮物食べる?」
「適当にちょうだい。」
「煮込みハンバーグ作ったけど食べる?」
「腹膨れてまうでいらんわ。」
てな感じで、ばあちゃん家で飲んでいるみたいな雰囲気である。

隣のおっちゃんたちの話にうなずいたりして、なんとなく話に参加しているような雰囲気を醸し出しながら呑んでいると,1本目が空になった。
もう一本熱燗を頼んで暫くすると、おばちゃんが大徳利をもってきた。
おちょこに注いでひと口飲んでみると、ん?ちょっと変だ。
これは、ひょっとして焼酎ではないかい?

隣のおっちゃん達にも味見してもらうと,焼酎に間違いないと言う。
おばちゃんに言うと,
「どうしてやったやろ?ごめんね。替えるわ。」
「替えんでいいで,お湯ちょうだい。」
ということで熱燗の焼酎のお湯割りを呑むこととなった(こんなの始めて)。
そのあと,おっちゃん達と,別の店でみりんとか呑まされて気持ち悪くなったみたいな話で盛り上がった。

酒2合と焼酎2合呑んでかなりいい気分。
勘定して店を出る頃にはSのことは忘れてしまっていた。
[PR]

by s_space_s | 2012-10-24 22:29 | うまいもん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/19090845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 久々のホームページ更新      裏山散歩 >>