blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 28日

根尾西谷川支流下津谷からツルベ岳1032m

そろそろナメコが出ていないかと、根尾の下津谷を登ってツルベ岳に登り、八谷の集落に降りる尾根を歩きました。
谷に倒れこんだ倒木にもナメコやムキタケは出ますが、尾根の立ち枯れを狙ったほうが収穫量が多いようです。
結果は、まだ早いようで、はずれでした。

そのかわり、下津谷源流のきれいな滝を見ることができました。
シカやテンの糞、足跡、食痕や大きなトチ、ブナ、ミズメ、イヌシデなどの自然林を歩いて沢登りとしては大満足の一日でした。

下津谷の出合には大きな堰堤があり谷は土砂で埋まって伏流しています。
堰堤に付けられた梯子を使って谷に降りました。
暫くく歩くと水が復活します。
e0064783_17105198.jpg

谷が曲がった先に何かありそうな予感がして登っていくと・・・。
e0064783_17105811.jpg

胸まで浸かれば突破できそうでしたが、この時期そんな勇気がないので、左のスラブを微妙な一歩で巻きました。
e0064783_1711172.jpg

中流では子孫を残す営みが行われていました。
砂利が白くなったところがその跡です。
邪魔をしないように静かに通過しました。
e0064783_17113451.jpg

杉植林が終わったあたりから、大きな岩のゴーロになります。
e0064783_17115151.jpg

雷倉からツルベの稜線はもう綺麗に色づいていました。
e0064783_17121060.jpg

雷倉への谷を右に分けてしばらく登ると、両岸を高い壁に守られた垂直の滝15mが現れました。
e0064783_17121791.jpg

右岸から巻く途中にこんな岩小屋がありました。
乾いて快適そう。シカでも使っていそうな雰囲気でした。
泊まってみたいと思いましたが、夜、ご主人が帰ってきたらびっくりするでしょうね(どっちが?)。
e0064783_17123921.jpg

谷に降り立った先にも美しいナメ滝が。
e0064783_17125867.jpg

また右からの沢を両門の滝で分けて3段10mの美しい滝が出ました。
e0064783_1713698.jpg

この滝を慎重に登り、小滝を越えると4mの傾斜の強い滝。
細かいながらホールドはありそうでしたが、単独では突っ込めず、右岸の草付に取り付くとそのまま木登りと岩場混じりの急斜面に追い上げられてしまいました。
顕著な尾根に上がり傾斜が緩むも、シャクナゲとシロモジの強烈薮漕ぎに参りました。

主稜線には微かな踏み跡があり、ツルベの三角点はすぐ見つかりました。
e0064783_17131739.jpg

傍に立っていた3本のブナが黄葉していました。
e0064783_17132493.jpg

下降は八谷へ向かって伸びている顕著な尾根を下りました。
途中ミズメの大木があり、樹皮をナイフで削って匂いを嗅いでみました。
すっとするいい匂いです。
e0064783_17133399.jpg

ブナ、ミズナラ、イヌシデなどの大きな木が多い明るい自然林は、何故か下草が少なく歩きやすい。
石灰岩で土壌が薄いせいかも知れませんが、シカなどに食べられているという事情もあるかもしれません。
e0064783_17134612.jpg

根回り4mほどもある大きなトチの木が立っていました。
e0064783_17135435.jpg

キノコもないので、H530mあたりから隣の脇津谷に下降してみました。
石灰岩の谷は両岸が急峻なことが多いので要注意。
こちらも杉植林帯で面白いものがなく、杣道を拾いながら八谷の集落へ降りました。
e0064783_1714125.jpg


タイム:八谷7:00 大滝上10:30 ツルベ岳12:30 脇津谷14:15 八谷15:30

【おまけ】
テンの高グソ。サルナシでも食べたのか、緑色。
e0064783_17141659.jpg

砂に付いた足跡。指は5本
e0064783_17142445.jpg

テンの高グソ。今度は黒くてねっちょりしていた。
e0064783_17143695.jpg

シカの糞
e0064783_17145278.jpg

シカの足跡
e0064783_1715735.jpg

ナツツバキの皮を食べた痕
e0064783_17151596.jpg

寝床
e0064783_17152552.jpg

ぬた場
e0064783_17153148.jpg

[PR]

by s_space_s | 2012-10-28 17:15 | 山登り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/19115314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Down by Law      明けがた見た夢 >>