blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 14日

揖斐三田倉谷左俣~鍋倉山~中俣(江谷)

標高の低い南部の山ならまだ沢を歩けるかと思い,近場の揖斐川町にある鍋倉山へ行ってきました。
アマゴ,イワナ料理の店「あまご亭」のある三田倉谷の左俣を登り,中俣(江谷)を下降しました。
日比野さんの「続百山百渓」にも記録が載っていますが,「あまご亭」の料理の記述ばかりで,沢の印象については特に触れられていません。
よほど料理が美味しかったのでしょうね。

あまり期待せず谷に入ってみると,左俣は自然の残る花崗岩の美しい谷で嬉しい期待外れ。
いくつも掛かる滝は楽しく登れるものばかりで,のんびり晩秋の沢歩きを満喫できました。

「あまご亭」の駐車場に車を置かせていただき,出発しようとすると,養魚場の生け簀の網の上で何かに引っかかったアオサギが逃げようとばたばたしていました。
立ち入り禁止になっていたので,近づくこともできず暫く様子を見ていましたが、そのままにして先を急ぎました。

取水をしている中俣までは塩ビパイプが続いています。
中俣を過ぎて暫く踏跡を辿りゴルジュに掛かる5mほどの滝を越えたところで左俣に降りました。
白い花崗岩の大まかな造りがいい感じです。
e0064783_22134094.jpg

鈴鹿の沢みたい!(ほとんど行ったことがないですが。)
e0064783_22134836.jpg

ミニゴルジュを抜けると変なシルエットのトチの大木がありました。
e0064783_22135549.jpg

横に倒木の株があり,クリタケが群生してました。
残念ながら少し遅かった。
e0064783_2214294.jpg

三段20m滝の上二段
e0064783_22142444.jpg

大きなプールを持った滝が多い。
ボチャン,ボチャンと音がするので,よく見てみると,ミズナラの木からドングリが水面に落ちているのでした。
e0064783_22143340.jpg

Y字のナメ滝
e0064783_2214396.jpg

直登できる滝が多く楽しめます。
e0064783_22144877.jpg

振り返ると紅葉の山が美しい。
e0064783_22145597.jpg

上流までナメ状の滝が続きます。
e0064783_2215285.jpg

谷が伏流ぎみになりゴーロ状になると,花崗岩から岩質が変わります。
奥の二俣に炭焼き小屋の跡がありました。
ここで,のんびりおにぎりを頬ばりました。
e0064783_2215930.jpg

涸れ沢を詰めて行く途中,クマの糞が落ちていました。
ドングリを沢山食べたのか黄色いです。
隣の飯盛山にもクマが多いので、ここにも沢山住んでいるのでしょう。
e0064783_22152068.jpg

最後のネマガリタケの藪漕ぎは強烈ですが,幸い距離が短く,鍋倉山の頂上にぴったり出ました。
e0064783_22153488.jpg

三角点ではお二人のご婦人が美味しそうなお昼ご飯中。
少しお話しして早々に下降にかかりました。
中俣(江谷)の源頭は非常に急なため,暫く左岸の尾根を下ることにします。
e0064783_22155972.jpg

ジャンクションの辺りにヌタ場がありました。
e0064783_22161132.jpg

杉の幹に泥が塗りつけられています。
よく調べるとニホンジカのものと思われる毛が付いていました。
(左俣でもシカの姿を見ました。)
e0064783_22162182.jpg

樹皮を食べた痕もありました。
e0064783_22162845.jpg

中俣流域は完全な植林帯で,なにも面白いものがなく,林道を歩くより運動になるとか考えながら降りていくと,見覚えのある取水施設に着きました。

林道に出ると隣の飯盛山がよく見えます。
この山は石灰岩の山です。
e0064783_22163842.jpg

「あまご亭」に戻るとお店のご主人が養魚場の魚を網で掬っているところでした。
気になっていたアオサギはもういません。
e0064783_22164687.jpg


家に帰っても何故かあのアオサギのことが気になりました。
こんなことなら,どうなったのか尋ねてみればよかったと後悔しました。

タイム:あまご亭7:30 鍋倉山11:30 あまご亭14:00
[PR]

by s_space_s | 2012-11-14 08:08 | 山登り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/19194376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< テルマエ・ロマエ      これさえあれば >>