2012年 11月 26日

立山初滑り

11月25日の連休最終日に恒例の立山初滑りに行ってきました。
移動性高気圧に覆われてこの時期貴重な好天のチャンスを掴むことができラッキーでした。

夏の初めに右膝を痛め,スキーをしても大丈夫か不安がありましたが,無理をしなければなんとか滑ることができました。
最後の1本の前に半月板がひっかかって異音がしたので,少し怖かったけど。
翌日も腫れなどはなくて一安心です。


期日:2012年11月25日(日)
山域:立山室堂周辺
メンバー:ながたさん,コザエモンさん,カトマンズさん,わし
コース:室堂~一之越~御山谷滑降(2350mぐらいまで)~登り返し~富山大学立山研究室
    ~浄土山とのコル~玉殿の岩屋あたりまで滑降~室堂山展望台~室堂
ルート図
e0064783_18175387.jpg





バスの混雑状況が分からないので,かなり早めの朝3時に岐阜を出発,立山駅に6時半に着いた。
窓口には8時20分から切符販売と張り紙がしてあり,既に並んでいる人もいた。
今から並ぶのはちょっときついということで,7時半過ぎまで車で仮眠・朝飯で時間を潰し,それから準備をして並ぶ作戦とした。

わしらが並んで暫くすると,急に登山者が増えてきた。
結果的に1台目のバスに乗れたけど,臨時バスも出るようなのでもう少し遅い到着でもよかったかも。

室堂に着き準備して10:30発。
日焼けしそうなくらいの晴天である。
昨日もかなりスキーヤー・ボーダーが入ったみたいでトレースは100m道路なみの整備状況。
斜面もシュプールだらけ。
e0064783_231064.jpg

雄山の雄姿
e0064783_2310547.jpg
一之越に11時25分ぐらいに着き,ほとんど必要ないかと思ったけど,念のためピットを掘る。
新雪10cm程度の下はずっとしたまで締まり雪。
安全なのはいいけど,ちょっとがっかり。

御山谷へ滑り込んでみると,まあまあ気持ちのいい雪。
こちら側はだれもいないのがうれしい。
e0064783_23111777.jpg

コザエモンさん。ヒューヒュー!
e0064783_23113183.jpg

2350mぐらいまで気持ちよく滑り,登り返す。
地質調査が専門のながたさんによれば、御山谷の雪渓も氷河であるとの調査結果が出ているそうだ。
e0064783_23114432.jpg

一之越の手前から左の沢に入り浄土山へ向かう。
e0064783_23115678.jpg

富山大学立山研究室のあるピークの櫓。
エビの尻尾がいっぱい着いていた。
e0064783_23122441.jpg

浄土山手前のコルから右の沢に滑り込む。
適当に美味しそうなところをボトムまで滑り,室堂へシールで戻る。

4時の終バスまでまだ1時間あったので展望台までそのまま登り,最後の一発。
e0064783_2312365.jpg

3時半にターミナルに着く。
シーズン始めにしては良い感じで滑れたので,大満足でバスの人となった。
[PR]

by s_space_s | 2012-11-26 13:01 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/19270717
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 川と山の岐阜自然体験活動の集い      新規開拓 >>