2013年 03月 17日

牡蠣と鶏ちゃん

昨日は二つもうまいもんを頂きました。

一つは友人のKが毎年、岡山から取り寄せているという牡蠣のおすそ分け。
蒸し牡蠣にしておろしポン酢とこれも頂き物の柚子なんばんで食べました。
月並みな表現ですが、ほっぺたが落ちるくらい美味しかったです。
牡蠣の味について語れるほど牡蠣通ではありません。
けど、南極の帰りにタスマニア、ホバート港のスタンドで食べた牡蠣は美味かったなぁ。
そのときは、かなりつらい心境で一人で街を歩いていたのですが、それを一瞬忘れさせてくれました。

やっぱり家族で食べると牡蠣の味も変わります。
かみさんも大感激でした。
白ワインがよく合いました。
ご馳走様でした。
e0064783_17535184.jpg
e0064783_1754045.jpg

もう一つはスキーの帰りに白鳥の農協で買ってきた鶏ちゃん。
いま「けいちゃん」というと鶏の胸肉あたりに味噌味をつけたのがよく売られています。
「とんちゃん」は豚のホルモンなのに、「けいちゃん」は何で肉なんやろう?と思いませんか。

わしが子供のころ、飛騨では「かわきも(皮肝)」と言って、鶏、それも歳を取って潰した鳥の内臓と皮をよく食べてました。
郡上の「けいちゃん」も多分、元はひね鶏の皮と肝に味をつけて焼くものだったのだと思います。
というか、農協では今でも「鶏ちゃん」として皮と肝が売られています。

わしはこの尋常ではない歯ごたえが好きで、見かけると買って帰ります。
農家育ちで小さい頃から無理やり食べさせられてきたかみさんは、トラウマがあるのか、あまり好みません。
特に、卵が出来かけでぷちぷちしたところが嫌いだそうです。
e0064783_17541986.jpg

鶏ちゃんは高級な牡蠣とは対極にある食い物だと思います。
どちらも甲乙付けがたいと感じるわしの舌はグルメではないのでしょう。


(今日の仕事)
畑の草取り、剪定した枝など野焼き、自転車タイヤ交換、神棚の榊取り、手袋繕い 等

23日からの御嶽の準備もできて、夕方6時ごろからもう飲んでます。
[PR]

by s_space_s | 2013-03-17 18:44 | うまいもん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/19957461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 死刑台のエレベーター      Old Boys >>