2013年 05月 06日

焼山2400m(少し写真追加)

おやじまったり登山隊の春合宿で頚城の焼山を目指しました。
昨年は妙高の火打周辺を滑りました。
今回はそのお隣ですが、焼山は火打よりアルペン的な山で、雪の状況が悪いと厳しい所だと思いました。
e0064783_20522756.jpg






【山域】頚城山塊
【場所】焼山北面
【日時】2013年4月27日(土)~29日(月)
【コース】1日目:笹倉温泉~アマナ平(B.C.)
     2日目:B.C.~焼山往復
     3日目:B.C.~焼山川源流1900m付近~B.C.~笹倉温泉
【メンバー】K先生、ながたさん、わし(おやじまったり登山隊) 
【天気】1日目:雨のち曇り、2日目:曇りのち晴れ、3日目:晴れ
【ルート図】
e0064783_19184821.jpg

【GPSトラック】
2日目
e0064783_13102538.jpg

3日目
e0064783_1311516.jpg



(1日目)
午前中雨の予報が出ていたのでゆっくり岐阜を発ったが、高速道路が繋がったおかげで、笹倉温泉に早めに着いてしまった。
登山口の公園にはわしらだけ。
準備をしているとまた雨が降り出したので、車で雨宿り。

雨が上がったのでぼちぼち出発。
橋を渡ってすぐスキーが使えたが、ショートカットはあまりできない残雪量。
おまけに気温が低くて林道が雪壁のようになったところがカチカチで恐ろしい。
一ノ倉川から戻るルートを確認しに行ったが、スノーブリッジが微妙。

台地に上がると、あとはのんびりネイチャースキー気分。
アマナ平はこんなところ。
雲で頭がかくれているのは影火打。
e0064783_21394771.jpg

2人用のテントにおやじ3人
e0064783_2139561.jpg

焼山谷の雪は割れていて水が取れる。
K先生がスキーで水汲みに。
e0064783_2140763.jpg

少しお酒を飲んで、明るいうちに就寝。
e0064783_2031723.jpg

夜半、風が強かった。

タイム:笹倉温泉11:00 アマナ平13:30

(2日目)
朝になっても風が強く、コーヒーなど飲んで様子を見ていたが、少し風がおさまったので7時に行動開始。
北面台地は驚くほど広い。
e0064783_2141421.jpg

上部はなるべく右のルンゼに入りたかったが水無谷に阻まれどんどん急斜面へ。
e0064783_20525553.jpg

水無谷が斜面に消えたところで右にトラバろうとするが、予想以上のハードバーン。
先頭のわしは戻ることもできず、ピッケルを打ち込んでセルフを取りながら必死でスキーを脱いでアイゼンに換えた。
あ~怖かった。
少し登ると、今度は力を吸い取られるような中途半端に潜る深雪斜面が続き疲れる。
e0064783_21411953.jpg

e0064783_20533464.jpg

噴火口まで登り、K先生とながたさんを待つ。
3人そろったところで、せっかくなので空身で頂上に向かう。
e0064783_20535322.jpg

水平線が見える。
登ってきて良かった~!
e0064783_21414357.jpg

かなり不安だったガリガリ急斜面
e0064783_21415665.jpg

K先生、ながたさんコンビのシンクロ滑降
e0064783_2244225.jpg

水無谷へ滑り込めば、もう安心。
e0064783_2142634.jpg

1780m辺りで水無谷から台地に戻る登山道発見。
地形図の破線の位置より標高が高いような気がした。
台地に上がるとスキー天国。
天気も回復しハードバーンがフィルムクラストに変わり超気持ちいい。
e0064783_21422069.jpg

振り返ると焼山の頭から噴煙が昇っていた。
e0064783_2142375.jpg

3時前にBCに戻り、今日は天気がいいので、外で宴会モードに突入。
e0064783_20543582.jpg

いいかげん気持ちが良くなったところで、K先生が水汲みに。
e0064783_21424620.jpg

水汲み作業中にちょっとした事故発生。
インナーが濡れてしまいブルーになるK先生。
e0064783_21425883.jpg

今日も明るいうちに就寝。

タイム:アマナ平7:00 焼山12:30 アマナ平14:30

(3日目)
当初の計画では高松山へ行ってみる予定であったが、正面から見ると非常に急で、割れているところもある高松山の風貌にびびって名前からしてかわいい坊々抱岩(ぼぼだきいわ)方面に行ってみることにした。

けど、ちょっとひねりを入れてみたいおやじの癖。
焼山川奥の二俣付近で谷に降りれそうなところを探し、二俣に挟まれた台地の末端壁を滑ってみることにした。
降りるラインが、ありました、ありました。
e0064783_21435881.jpg

まずは左股に入り、H1530mの二俣を右に入る。
谷は広く登りやすい。
e0064783_2144636.jpg

H1650mあたりで右の台地に乗り上げる。
台地を坊々抱岩に向かって斜めに横断していくと、ガーン!
こんどは水無谷に阻まれる。

昨日使った登山道で谷に降りるも、左岸には雪ぴ(ゆきぴーと呼ぶと可愛いくない?)がずっと繋がっていて這い上がることができず、結局、坊々抱岩よりかなり標高を上げたH1890m地点でやっと谷から解放された。
この時点で「おやじまったり登山隊」のエネルギーとモチベーションはEレベルを示したため、眼下の美味しそうな斜面を滑って戻ることにする。

水無谷も下部で横断できるところがあり、予定の二俣への末端壁まで広い斜面を楽しむ。
e0064783_210535.jpg

末端壁はかなり急斜面。
e0064783_2111540.jpg

e0064783_21441427.jpg

降りられるラインの範囲は限られていたが、うまく谷に降り立つことができた。
ツボ足で台地に上がり、末端壁を振り返る。
e0064783_211396.jpg

アマナ平へ滑り込む。
e0064783_2123348.jpg

BCにはお昼に戻り、撤収作業の後、アマナ平を出発。
のんびり滑って笹倉温泉へ。
e0064783_21443142.jpg


タイム:アマナ平6:30 H1890m10:00 アマナ平11:00 笹倉温泉12:10  

笹倉温泉のお湯はむちゃ熱かった。
途中、荘川で高速から降りて蕎麦正で蕎麦を食べて帰る。
[PR]

by s_space_s | 2013-05-06 21:05 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/20401553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yt at 2013-05-02 09:50 x
GWしっかり雪遊びしてますね!
ここ数日の荒れた天気で嫌なニュースも飛び交ってますが怪我なくシーズン終了迎えてくださいませ。
自分は最近はクライミングの方が楽しくて山スキーはあと一回近場で遊んで終了予定です。また岩でも遊んでくださいませ
Commented by s_space_s at 2013-05-02 18:12
ブログ拝見してます。
連休明けには例の岩場のスラブのルート設定したいと思います。
一緒に登りましょう。


<< サイクリングクラブOB会      ご飯粒? >>