blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 08日

ちょっと見ないうちに大きくなった?

GW後半の3日目
家の石垣のコンクリートがぼろぼろになっていたのでモルタルを練って半分だけ補修工事をしました。
こっちに比べたらママゴトみたいなもんです。
砂を40kg用意したのを使ってしまったので切り上げて、4月7日に団地の奥の滝壷で見つけたカエルの卵の様子を見に行ってきました。

森の中に咲いていた可愛い花。
ウワミズザクラのような気がしますが、花の付き方が房のようになっていないので、はっきりしません。
e0064783_11484451.jpg

こちらはその葉っぱ
e0064783_11485160.jpg

滝は水が枯れていて、滝壷の水位が下がっていました。
e0064783_1149110.jpg

卵が見あたらなくて、かわりにカエルが数匹滝壷に飛び込みました。
ズックのまま滝壷に入って捕まえてみると・・・。
e0064783_1149826.jpg

まだ小さいウシガエルでした。
かなり大きいやつも隠れていました。
e0064783_11491561.jpg

なんか人懐こいやつでした。
e0064783_1149245.jpg

へ~。ちょっと見ないうちにもう成体になったのかと感心して、権現山に登って帰りました。
e0064783_11493257.jpg


家に帰って何かひっかかるものがあったので、ウシガエルについて調べてみました。
ウシガエルの卵はひも状ではないそうです。
また、ウシガエルのおたまじゃくしの期間は非常に長く、成体になるのに2年ほどかかるらしい。
そんならあの卵はどこへ行ってしまったのか?
ある恐ろしいストーリーがわしの頭に浮かんできました。

卵から孵ったおたまじゃくしはみんなウシガエルどもに食べられてしまったのです。
今となってはもう遅いのですが、卵を少し持って帰ればよかったと後悔しきりです。
確かに団地の奥のため池にはウシガエルがいます。
そこから滝壷までどうやって移動したのか?
途中に滝や大きな堰堤もあるし、水が枯れている部分も長いのです。
ウシガエル恐るべし。

人懐こいやつですが、今度見つけたら食用にしてやろうと思います。
[PR]

by s_space_s | 2013-05-08 21:43 | 自然 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/20440032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by t-pastel at 2013-05-09 19:12
カマツカ?かもしれませんね。
Commented by s_space_s at 2013-05-10 08:24
ご教示ありがとうございました。
他のサイトで写真を確認しましたが、カマツカで間違いないようです。


<< 御嶽開田道尾根テレマーク      恒例のイワナ釣り >>