blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 01日

犬連れ登山

数日前のニュースですが、富士山で迷子の犬が保護されたそうですね。

このニュースを読んで、犬を連れた登山のことがすこし気になりました。
首輪もなかったそうなので、この犬がどのようにして登ったのか定かではありません。
もし、飼い主が連れて行ったのなら、犬にとっては迷惑な話でしょう。

犬はご主人の後をついて行くのに喜びを感じる動物なので、見た目には喜んで登っているように見えるかも知れません。
しかし、犬にとってはそこいらの野原や公園でマーキングでもしてるほうが楽しいのだし、犬の運動のためなら、自宅付近の散歩で十分だと思います。
もちろん、訓練された猟犬が山に入って仕事をしたり、山岳救助犬(雪崩犬)が山の中で働くことは必要なことだと思います。
ペットの犬を登山に連れ回すのは、どうなのかなという感想です。

ペット持ち込みによる自然環境への悪影響については議論があるようです。
わしは大なり小なり悪影響はあると考えます。
また、犬が嫌いだったり怖いと感じたりする登山者もいます。
自己満足のために犬を連れ回わす権利はある程度制限されてしかるべきだと思います。
レクリエーション登山のお供としては、リード付きで里山の範囲が妥当でしょう。

この問題についてどんな議論がなされているのかをネット上でチェックしてみるとかなり難しい状況であることが分かりました。
犬連れ登山賛成派の方と反対派の方それぞれが感情的になって、落としどころを見つけるような議論になっていないことが多い。

基本的には下記のサイトの管理人さんの意見は正しいと思います。
犬連れ登山を考える
シェルパ○○や野田○○のこき下ろし方はある意味気持ちいいほどです。
けど、愛犬家も納得できるようなルール作りはどうすればいいのかという課題は残ったままです。

この状況では、国でも自治体でもいいですが、しかるべき専門家による委員会などを早急に立ち上げ、結論を出さざるをえないと思います。
[PR]

by s_space_s | 2013-08-01 11:32 | 山登り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/20875187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< シャワークライミング・ガイドト...      転位行動 >>