2013年 09月 10日

奥穂の夜明け

9月7日から9日の2泊3日で涸沢~奥穂高岳のガイドを担当しました。

1日目、2日目が雨で、特に2日目は気温が下がり奥穂の頂上付近は、みぞれの天気。
高齢の方もみえて、ザイテングラートを登り、穂高岳山荘に着いたときにはほっとしました。
当初の予定では2日目に奥穂往復の予定でしたが、天候と参加者の体調を考慮し3日目の朝にアタックすることにしました。

朝4時半に山荘前に集合するころ、既に奥穂への岩場を登っているパーティーのヘッドランプが幻想的でした。
満点の星空の下、わしらもヘッドランプを点けて梯子・鎖場に取り付きました。
岩場を抜けたころ空が白み始め、東の雲海のオレンジ色が鮮やかになってきました。
頂上に到着すると同時にご来光。
今まで見たことがないような雲海の絶景を眺めることができました。

みなさんから歓声が上がります。
昨日の苦労があったので感慨もひとしおだったと思います。
上高地に下山する長い歩道歩きも満足感に浸りながら歩いてみえたようで、ガイドのわしも嬉しかった。

ガイドの時は写真を撮らないことにしているので、絶景を見ていただけないのが残念です。
写真では表現できないものだと思いますが。
[PR]

by s_space_s | 2013-09-10 17:52 | 山登り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/21048009
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kozaemon at 2013-09-12 09:51 x
しののめですか。中津川の19号沿いに同じ東雲という名前の食堂がありましたね。
Commented by s_space_s at 2013-09-12 21:31
移転する前から、中央アルプスの帰りには寄ってましたが、おばちゃん元気かな。


<< 甲斐駒に謎の穴発見!      滝の上の岩魚 >>