blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 18日

夜叉壁中央ルンゼ(仮)~テレマークスキーとウィンタークライミングの融合~

【山域】奥美濃
【場所】夜叉壁
【日時】2014年1月18日(土)
【コース】広野ダム~夜叉ヶ池~夜叉壁登攀~夜叉ヶ池~広野ダム
【メンバー】Mさん(R&F、セクシー登山部)、いしはらさん(R&F、岐阜テレマーク倶楽部)、
      わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】曇りのち雪
【タイム】広野ダム7:10 夜叉ヶ池池登山口8:00 夜叉ヶ池11:00 夜叉壁へ出発11:45 夜叉壁登攀終了15:00
     登山口16:40 広野ダム17:50
【アプローチルート図】クリックしてね
e0064783_10595430.jpg



3人とも登山靴にテレマークスキーという変則スタイルで出発。
e0064783_23524278.jpg
登山口の大カツラ
e0064783_23323024.jpg
登山道のある谷の南尾根から登る。
靴がぐにゃぐにゃなので足場が作れず急斜面は登るのが難しい。
少しブッシュがうるさい所もあるが雰囲気のいいスキー向きの尾根であった。
夜叉ヶ池は完全に雪の下。
e0064783_23321830.jpg
登攀具を着け、空身で夜叉壁基部へ。
天気は下り坂だが、まだ穏やか。
昇龍の滝は雪の下。
e0064783_23530317.jpg
尾根を回り込むと、見栄えのする氷瀑が現れる。
スクリューを持ってきていないので迷ったが、Mさんは岩でプロテクション取りながら行けるというので取り付くことにする。
e0064783_23531572.jpg
鹿島の北壁みたい。
時折、塵雪崩も落ちてきて演出にも手抜きがない。
e0064783_23532363.jpg
岩は綺麗なクラックの少ないチャートなので、ボンバーなアンカーが作れない。
今日のクライミングはMさんにお任せムード。
氷瀑の基部の岩に2か所プロテクションを取っただけで、アイス部分はランナウトで上部の雪壁に上がっていった。
e0064783_23325323.jpg
落ち口にはアンカーが作れないことは想定していたので45mロープが伸びきったらコンテで後続する。
e0064783_23534145.jpg
Mさんといしはらさんはアイス専用アックスを真面目に持ってきていたが、わしは山スキー用のおもちゃみたいなピッケルと古いカドタのバイル。
コンテなので絶対落ちれない。慎重に登った。
雪壁を登りビレー点につくと、カム一個でセルフをとったMさんが肩がらみで確保中であった。
 
e0064783_23330618.jpg
次のピッチは細いブッシュの生えた傾斜の強いミックス壁。
Mさんはドライツーリングしながらガシガシ登って行った。
わしはクラシックなクライミングしかできないため、頼りないブッシュを祈るような気持ちで握りしめながらところどころ小さくハングしたような壁を登った。
e0064783_23542819.jpg
ルート図 
e0064783_13343554.jpg
ミックスのピッチを抜けると気分のいい雪稜に飛び出した。
e0064783_23543928.jpg
さすがのMさん。
e0064783_23544780.jpg
池から、往路の尾根を下山する。
登山靴でもある程度滑れると思っていたが、足首の柔らかいクライミング用のブーツではとても急斜面でターンできず、我慢我慢のスキーになった。
e0064783_23545731.jpg
登山口まで明るいうちに降りてこれてほっとする。
e0064783_23551394.jpg
林道にアップダウンがあるためシール滑降となり、あまり時間短縮にならなかった。
e0064783_23552112.jpg
ああ、充実の夜叉ヶ池であった。

おしまい

Mさんの記録




[PR]

by s_space_s | 2014-01-18 23:59 | クライミング | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/21586892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kozaemon at 2014-01-19 09:54 x
詳細が楽しみじゃー。
Commented by s_space_s at 2014-01-19 14:50
むちゃくちゃ楽しかったです。


<< 居酒屋マーメイド      寒いお話 >>