blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 13日

白尾山周辺は快適斜面がいっぱい

林道の登り始めは雪がほとんどなく、転進も考えましたが、白尾山まで上がると、スキー天国でした。
東面の谷中心に4本滑りました。
林道経由だと3時間ほど掛かりますが、スキー場からだと2時間ぐらいです。
ytさんの記録

【山域】奥美濃
【場所】白尾山
【日時】2014年3月9日(日)
【コース】三ヶ村~林道~白尾山~周辺滑降~林道~三ヶ村
【メンバー】ワルテル師(春日井山岳会)、みさお先生、ytさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】晴れ
【タイム】林道車止7:00 白尾山10:10 周辺滑降 白尾山発14:00 林道車止15:20
【ルート図】クリックしてね
e0064783_21220108.jpg

しらおスキー場の手前から三ヶ村の奥に入っている林道を車で入る。
道には全然雪がなく、これは時期を間違えたと思ったが、せっかくなのでスキーを担いで登ってみることにする。
e0064783_21440571.jpg
10分ほどでなんとなく雪が繋がるようになったので、シール登行に切り替える。
陽の当たるところは繋がっていないので、スキーを外したり着けたり忙しい。
ワルテル師とは久しぶりの山行なので話をしながらの林道歩きは苦にならない。
e0064783_21441891.jpg
H1100あたりの切り開きは雪が多ければ快適そうな斜面だが、今回は無理。
しばらく登ると、ようやく林道をショートカットできそうなくらいの雪の量になってきた。
また林道に出たところで下からエンジンの音が聞こえてきた。
スノーモービルに跨がった4,5人の猟師さんのグループで、声を掛けていただいたので少しお話する。

林道から別れると尾根は緩やかでアップダウンもありステップソール向けかな、などと話しながら登る。
e0064783_21442933.jpg
小さいギャップを越えると目の前に「なんじゃこりゃ~!」
奥美濃離れした斜面が飛び込んできた。
e0064783_22312887.jpg
斜面はところどころハードクラストしていたが、傾斜がないので問題ない。
稜線には小さな雪庇が出ている。
先ほどの猟師さんグループはもう尾根に上がっていて、雪庇の上から、わしらの登るのを見ているようであった。
白尾山には3時間で到着。

鷲ヶ岳(一番左奥)までの山並み
e0064783_21453897.jpg
ここまでは単なるアプローチ。
本日の目的は白尾山東面の滑降なのである。
良さそうな斜面を物色しながら、まずは北東にある1667ピーク方面に移動する。

では1本行ってみましょう。
e0064783_21443633.jpg
ん~。なかなか気持ちいい。by Yt
e0064783_21481552.jpg
大きなブナ、ダケカンバの点々とするメロウな斜面がそこらじゅうにある。
e0064783_21473471.jpg

滑っては登り、滑っては登り・・・。
e0064783_21462242.jpg
白尾山のすぐ隣の小ピークから望む東面。
3本目に滑ったラインは谷底まで良い斜面が続き200mほどで切り上げたが、まだまだ滑れそうだった。
e0064783_21470731.jpg
やはりスケールは小さく1本が100m~200mほどの標高差しかないので、まだ,時間がある。
4本目は白尾山の南東に入っている谷を滑る。(写真の白い斜面)
e0064783_21444563.jpg
少し藪がうるさい所もあったが、まずまず。
e0064783_21471793.jpg

みさお先生もご満悦
e0064783_22320562.jpg

でかい体でダイナミックに飛ばす、ワルテル師
e0064783_22321310.jpg

いいかげん疲れたので、14時頃、白尾山に別れを告げる。
登りで目を瞠った広い斜面は、やっぱり快適だった。
e0064783_22322346.jpg

小さいギャップもそれほど苦にならず、順調に滑って林道に出る。
途中で、猟師さんたちが撃った鹿を処理しているところに遭遇する。

e0064783_21445254.jpg

腸から絞り出された大量の緑色の糞が凄い臭いだった。
鹿は耳がいいので、すぐ逃げられ捕るのが難しいと言ってみえた。
e0064783_21474724.jpg

ヒノキの苗を食べ尽くしてしまうし、鹿肉は美味しいけど、モービルに引きずられていく鹿が哀れであった。
林道の雪はさらに解け、着脱の回数が半端なく、ステップインのワルテル師が羨ましかった。
みさお先生は雪がないところもスキーのまま歩いてみえた(さすが)。

それでも、車まで1時間半で戻る。
林道脇に出ている清水が霊水という話を猟師さんに聞いた。
スキーをその水で洗って、スキーが上手くなるよう願掛けして帰った。



[PR]

by s_space_s | 2014-03-13 12:08 | テレマーク | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/21766754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みさお at 2014-03-13 22:25 x
楽しい山行でした。奥美濃には珍しい中斜面のオープンバーンでしたね。やはり、上手い人のテレマークを見ながら滑らないと・・・
またよろしくお願いします。
Commented by s_space_s at 2014-03-14 13:03
うちの倶楽部のてれカズさんと滑ってもらうといいですよ。
先生もちゃんと名簿に入れさせていただきました。
こんどはすっきり登って降りてこれるところ考えます。
またお願いします。
Commented by yt at 2014-03-14 16:37 x
次回はゲレンデからですね。ザラメになったら御嶽山の開田ルートか2の池ルンゼを今からリクエストお願いします??
Commented by s_space_s at 2014-03-17 08:25
この土日で御嶽行って来ました。
上部はアイスバーンになっていて、滑れませんでした。
地獄の中尾根というすごいインパクトのあるラインです。
Commented by みさお at 2014-03-17 09:06 x
地獄谷と継母岳の中間の根でしょうか・・・?
南面で下部は厳しいと思われますが、どんな感じなのか興味があります。
Commented by s_space_s at 2014-03-17 22:54
4月にもう一回トライする予定です。
ご都合が合えばいかがですか。


<< 御嶽地獄ノ中尾根      ガス人間第一号 >>