2014年 05月 09日

春休み源流大人キャンプ(真川源流から北ノ俣岳)

【山域】北アルプス
【場所】北ノ俣岳
【日時】2014年5月3日~5日
【コース】飛越トンネル~寺地山~真川源流BC~北ノ俣岳往復
【メンバー】Nさん(おやじまったり登山隊)、いしはらさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】1日目:曇りのち小雨
    2日目:晴れ
    3日目:雨

「テレマークスキーと渓流フィッシングの融合」
GWのプランをいしはらさんと相談していて、どこかの源流にキャンプしてのんびりスキーしたり、釣りや焚き火をしたいねという話が出ました。
いくつか候補地はありましたが、昔ステップソールで滑り込んで、大変良い印象を持っていた真川源流に行ってみることにしました。
「おやじまったり登山隊」のK先生とNさんにも声を掛けましたが、直前になってK先生は風邪でダウンの連絡があり、3人でキャンプすることになりました。
主たる目的はキャンプしてまったりすることなのですが、せっかくなので真川源流から北ノ俣の西面の原生林を滑る計画も入れました。
このあたりは、高岡の「たき」さんが昔滑ってみえたと思います。
アプローチは寺地山の北に延びる尾根から。
ここが、思った以上にスキー向きのいい尾根でした。

真川源流の雪原は、やっぱりイメージどおりの天国でした。
北ノ俣はお昼近くなっても上部の雪がゆるまず、昔、御嶽で痛い目にあった板(手彫のステップソール)で来たので緊張しましたが、滑り込んでみると、いい感じになっていて、楽しくテレマークができました。
何度でも来たいところです。

(1日目)
飛越トンネルのかなり手前で林道の路肩にいっぱい車が止めてあり、登山者の多さに驚きました。
途切れ途切れですが雪のあるところはスキーで歩きます。
e0064783_21514619.jpg
登山道はトンネルの左を上がっていますが、スキーを使えそうなトンネル左手の尾根を上りました。
途中でファイントラックの相川さんとすれ違い、ご挨拶しました。

登山道に合流すると雪が十分あります、緩やかなアップダウンがある尾根はステップソール向きです。
いしはらさんはマズシャス、わしは彫刻刀手彫の細板です。
登行能力はくやしいけど、マズシャスのほうがちょっと上みたいでした。
ちなみに、Nさんは山スキー。
最後までペースが合いませんでした。

寺地山へ近づくと北ノ股の白い斜面が見えてきて、明日の滑降が楽しみになります。

e0064783_21514638.jpg
寺地山から北の尾根に滑り込みます。
サワラやコメツガなどの疎林で楽しく滑れます。
e0064783_21514645.jpg
上部はメローな感じ。
e0064783_20505660.jpg

下部はちょっと急なところもあります。
真川の源流に降り立ち、期待していたスノーブリッジを探しますが、このあたりは既に流れが完全に出ていました。
水量は少ないので、場所を選べば渡渉もできますが、ちょうどいい所に自然の橋がありました。
e0064783_21522935.jpg
この橋の前が平地になっていたので、ここをベースキャンプ地に決定。

e0064783_21514625.jpg
Nさんに焚火の準備を任せて、わしといしはらさんは早速釣りに行きました。
天気は小雨もようで、非常に寒く、コンデションはよくなかったけど、今夜の塩焼きと骨酒用は確保できました。
e0064783_21514604.jpg
小雨の中でなかなか火が熾きず苦労しました。

e0064783_20510081.jpg

雨も上がり、酒を飲みながらのんびりします。
e0064783_21514662.jpg
いい感じになってきました。
e0064783_21512187.jpg
夕方まで、骨酒飲んだり、飯盒の飯を食べたりして、贅沢な時間を過ごしました。
これだけでほぼ今回の目的は達成したようなもの。
夜空は晴れ渡り、夜は放射冷却で冷え込みました。

林道車止8:30 トンネル前9:15 寺地山12:45 真川源流13:30 


(2日目)
夜明けとともに起床。
あまり早く出発しても、上部はクラストしているので、ゆっくり準備して、7時ごろ出発しました。

e0064783_20544476.jpg
熊の新しい足跡がありました。
昨日は糞も見たなぁ。
e0064783_21521335.jpg
ここがステップソール天国です。
e0064783_20545369.jpg
コメツガ、オオシラビソなどの原生林の中にところどころ開けた斜面が出てきます。
e0064783_20545075.jpg
隣の太郎山の西尾根も真っ白で美味しそうです。
e0064783_20535874.jpg
神岡真道に2400mあたりで合流します。
その下の沢状の地形を登ります。
e0064783_21521362.jpg
VO?
e0064783_20544258.jpg
ここで調子がいまいちのNさんは別行動することになりました。
上部はハードクラストでシールでは少し怖かったけど、なんとか頂上に着きました。
430MHzバンドで高岡の固定局の方と交信できました。
e0064783_20535242.jpg
なかなか雪がゆるまないので、頂上でぐずぐずしていましたが、きりがないので…。
e0064783_20544049.jpg
出だしはかなり急でしたが、雪はいい感じに緩んでいました。
e0064783_20534947.jpg
古い細板のステップソールでも快適です。
e0064783_21532298.jpg
マズシャスのいしはらさんも当然いい感じ。
e0064783_21521293.jpg
2400mあたりでNさんとも合流できました。
e0064783_21521224.jpg
途中でおいしそうな斜面に引き込まれ、下部はかなり左寄りのラインになってしまいました。
こういう時、ステップソールなら横移動でラインを変えるのは簡単なのですが、Nさんには悪いことをしました。
ベースキャンプまで戻ってほっとしました。
e0064783_21521238.jpg
今日もNさんにたき火を任せて、いしはらさんと2人で釣りに出ます。
e0064783_21521286.jpg
小雨だった昨日と違い、天気が良くて、喰いもいいみたいです。

e0064783_20541361.jpg
本日の大物賞
e0064783_20541628.jpg
Nさんの焚き火も進化形

e0064783_21521271.jpg
いしはらさんが刺身を作ってくれました。
e0064783_21521262.jpg
今日も骨酒と持ってきたいろんなつまみと飯盒飯で満腹です。
天気もいいし、もう天国じゃあ。

BC発7:00 9:40森林限界 10:50~11:30北ノ俣 BC着12:45


(3日目)
小鳥の声で目が覚めました。
朝から雨が降っています。
こうなったら慌ててもしかたないので、ゆっくり朝飯を食べてからテントを撤収して出発。
e0064783_21522916.jpg

本当にいい感じの尾根です。
e0064783_21522990.jpg

寺地山に着くと下山する数パーティーと前後するようになりました。
中には登山道を外れて真川方面にいってしまうパーティーもありました。
トレースがあっても2回ほど逸れかかってヒヤッとしました。

トンネル脇に降りる尾根は雪が切れているところもありました。
わしの技術では怪我しそうなので、潔く板を担ぎました。
e0064783_21522962.jpg
Nさんゴールイン!

e0064783_21522967.jpg
駐車してあった車もだいぶ減っていました。
e0064783_21522936.jpg

BC発6:30 車止10:20

山へ入る前から少し風邪気味だったのを、こじらせてしまいました。






[PR]

by s_space_s | 2014-05-09 12:41 | テレマーク | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/21969837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by CIMA at 2014-05-09 13:34 x
北ノ俣岳へは、よく行くのですが、飛越トンネルと山頂の往復ばかりです。地図を見ると真川源流までいい斜面が続いていて、どうなっているのだろうと興味がありましたが、成る程、そうなっているんですね。私は釣りはしないのですが、いつか行ってみたいです。
Commented by みさお at 2014-05-09 17:52 x
あー残念、3日4日とその辺に居ました!かみさんとテン泊でしたが寺地山で終了でしたが。
Commented by がおろ at 2014-05-09 22:04 x
CIMAさん
戻るのに寺地山の北尾根を使えば、北ノ俣~太郎あたりからいろんなラインが取れそうです。地形も緩やかなのでBCクロカン向きだと思います。

みさお先生!
ご連絡すればよかったのに、残念です。
6月7日か8日に白山へ滑り納めに行く予定ですが、いかがでしょう。
Commented by とっこネイ at 2014-05-14 10:39 x
お久しぶりです!我が家も3日に飛越トンネルから北ノ俣、薬師岳にスキーに入っていました。太郎平小屋伯2泊3日の予定でしたが、雨が降りそうで前日に下山しました。北ノ俣のどこかですれ違ったかもしれませんね。主人、テレマークスキーで頑張っていました。そんなルートもあるんですね。
Commented by s_space_s at 2014-05-14 23:22
なかなかご一緒できませんが、予定が合えば御嶽か白山滑りに行きませんか。


<< 壊れかけの・・・。      玄関がすごいことに >>