blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 19日

石徹白川支流母御石谷(母恋し谷)

【山域】白山
【場所】石徹白、母御石谷(ははこいしたに)
【日時】2014年10月18日(土)
【コース】母御石谷~母御石~神鳩避難小屋~登山口
【メンバー】コザエモンさん、ツトムさん、とっちゃん、わし
【天気】快晴
【遡行図】手抜きの簡略版です

e0064783_18190337.jpg
いつも奥美濃の沢や山スキーの記録を参考にさせていただいているツトムさんと初めて沢へご一緒できることになり、石徹白の母御石谷へ行ってきました。
腰の具合が良くなってきたコザエモンさん、ツトムさんの友人のとっちゃん(坊やではありません、女性です。)含め4人パーティーです。

コザエモンさんの記録
ツトムさんの記録

下の写真は大杉の登山道から見た母御石谷の源頭です。
左手ピークの右の肩あたりに伝説の母御石があります。
見るからに癒し系の沢ですね。


e0064783_07164936.jpg
大杉の登山口に7時集合。
ツトムさんととっちゃんは既に着いていて、ハーネスまで装着して出発できるばっかになってました。
顔を合わせてすぐに、とっちゃんから「(わしの)イメージが違う。」とのコメントが。
HP等ではマッチョな雰囲気で統一しているので、初めて会う人に、「もっとゴツい人を想像してた。」とよく言われます。

挨拶もそこそこに、わしらも準備して7時20分出発。

大滝を越えた母御石の橋の上で、わしとコザエモンさんは沢支度。
オシメの着け方が分からず、とっちゃんに手伝ってもらうコザエモンさん。
こういう所が母性本能をくすぐるのかも。

e0064783_07171937.jpg
今朝の石徹白の気温は0度でした。
母御石谷の出合はゴーロで、すぐ上に堰堤があります。


e0064783_13490316.jpg


苔むしたゴーロが多く、沢は安定しているようです。

e0064783_07173839.jpg
2か所短いナメがありました。


e0064783_13532625.jpg

e0064783_07174269.jpg
カツラの大株

e0064783_07174495.jpg
オオカメノキ(ムシカリ)の実

e0064783_07174626.jpg
むむっ!なにかありそうな気配が。

e0064783_13495761.jpg


小規模ですが、3m、1mと滝を持ったゴルジュがありました。

e0064783_13500772.jpg
そこを抜けると、4mほどの釜を持った滝が現れました。

e0064783_07175547.jpg
左岸から巻くこともできそうでしたが、せっかくなので水際を登ってみました。

e0064783_13503025.jpg

e0064783_13503555.jpg
パンツまで濡れました。

e0064783_07175711.jpg
次は奥にすべり台のような滝のある廊下。
腰まで浸かって突破します。

e0064783_07180070.jpg
滝場を抜けるとまた癒し渓が続きます。
美しい流れに、4人で暫し見とれていました。

e0064783_07180596.jpg
紅葉も素晴らしい。

e0064783_07180720.jpg
神鳩避難小屋への流れを分けて、左俣に入ると6mほどのシャワークライミング滝


e0064783_13504916.jpg


源流はネマガリタケが沢に覆いかぶさり、半分藪漕ぎ状態。

e0064783_13502844.jpg
母御石にダイレクトに出る予定でしたが、結局、母御石のピークの右の肩あたりに出ました。
12時10分にとうちゃこ~。


e0064783_13505405.jpg


コーヒーを淹れたりして、1時間ほど、のんびりお昼休み。
柿の葉寿司おいしゅうございました。

見下ろす母御石谷。全流程が自然林の美しい谷でした。

e0064783_07181965.jpg
「ブナの樹形が好き。」と、とっちゃん。

e0064783_07201088.jpg
大杉は北側半分がコシアブラに乗っ取られていました。
ちょっと心配です。

下りは体育会系ではなく、お散歩気分で歩いて、それでも1時間半ほどで、登山口着。
14時40分でした。





[PR]

by s_space_s | 2014-10-19 08:06 | 山登り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/22485398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by とっちゃん~☆ at 2014-10-20 22:49 x
がおろさん

こんばんは~。
母御石谷、ご一緒ありがとうございました。

私、たびたびおっちゃんと間違われてます~。が、もう今となっては、あんまり変わらないかも。((+_+))※注釈ありがとさんです。

紅葉にばっちりで、なんだか癒されました。
初対面なのに、気楽にさせてもらっちゃって、沢を楽しませてもらいました。
またまた、機会があればよろしくです。

☆とっちゃん~(^^♪

Commented by s_space_s at 2014-10-21 12:59
こちらこそ、楽しい遡行ありがとうございました。
また、癒やし系の沢かスキー計画したらおつき合いください。

イメージどおりマッチョでなくて癒やし系ですみません。


<< もらとりあむタマ子      日本それとも朝鮮? >>