blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 14日

郡上白鳥蓮原川から西山1359mパウダー

e0064783_22163670.jpg
【山域】奥美濃
【場所】西山1359m
【日時】2015年1月12日(月)
【コース】平集落~蓮原谷~西山~北面滑降~西山~往路滑降~平集落
【メンバー】ytさん、みれさん、わかさん、わし
【天気】曇り
【タイム】平集落8:00 西山13:00 北面滑降 西山14:00 平集落16:30
【ルート図】
e0064783_18163527.jpg
最近、石徹白から2回ばかり毘沙門を目指しましたが、1回目は荒天、2回目はガイドツアーだったため途中で引き返しました。
3回目の計画を考えていたところ、たまたま隣の西山の写真を見かけて、これは滑れそうだと興味を持ちました。
記録のない白鳥方面からが豪雪の今シーズンには狙い目かと。
テレマーク倶楽部のytさんが、このある意味賭のような計画に乗ってくれることになりました。
あと、お仲間のみれさんとわかさんからも参戦希望をいただきました。

平の集落は、やはり凄い積雪で林道の入口が最初分かりませんでした。
道の脇のスペースに止めさせていただいて、民家の前を通らせていただき林道に入りました。

西山の東尾根を望む。
正面の尾根のもう一本奥の尾根を登りました。
e0064783_09444101.jpg
林道はかなり奥まで付いていますが、積雪で判然としません。
e0064783_22173724.jpg
標高670mあたりで右岸から支流が入っており、雪が割れていたため、支流沿いに少し登り、スノーブリッジを渡って、予定の尾根に載りました。
積雪はすねラッセル程度で、ヤブもほとんどなく、登りやすい尾根でした。
e0064783_22175136.jpg
e0064783_22173879.jpg
e0064783_13123229.jpg

上部では、尾根の右手に植林が見られ、林道も入って来ました。
e0064783_13120476.jpg
主稜線に近づくと雪がウインドスラブっぽくなり、ハンドコラムでチェックしながら登りました。
e0064783_22175105.jpg
尾根終点の3本ブナ
e0064783_22172532.jpg
主稜線の南側には広い伐採斜面が広がっていました。時間があればここで遊ぶのも面白そうです。
e0064783_22172539.jpg
頂上手前にもう一箇所急登がありました。
帰りが楽しみです。
e0064783_22175150.jpg
奥が西山。
微妙なアップダウンがいくつかあり、帰りもシールかな。
e0064783_22175158.jpg
東尾根一番の大ブナ

e0064783_22175147.jpg
西山に着いた時点でお昼過ぎでしたので、毘沙門は諦めました。
でも、せっかくなので西山の北面を滑ってみました。

ytさんの豪快な滑り
e0064783_22175127.jpg
わかさん、細板でもこのとおり
e0064783_22173722.jpg
優雅な滑りのみれさん
e0064783_22172551.jpg
良い斜面でした。
e0064783_22163670.jpg
ひゅーひゅー

e0064783_22173797.jpg
標高差180mほど滑ると、傾斜がいったん緩みます。
まだ滑れそうですが、後のことも考えて、切り上げました。
登り返しが、意外と疲れました。

西山からの帰路も暫くシールのままで最初の滑降ポイントまで戻ります。
e0064783_22175103.jpg
伐採斜面は今回は少しリスキーと判断し、ブナ林に絡んで滑りました。
コルまで滑り、またシールを付けて三本ブナまで戻ります。

ここから、登ってきたまっすぐな尾根を忠実に滑ります。
風が当たらないので雪も良くなり、樹間も適度でわしには非常に快適でした。
ただし、傾斜が急で狭いので、3人のメンバーには修行系だったかもしれません。

見覚えのある隣の谷の徒渉地点まで滑り、問題のスノーブリッジを越えれば、あとは林道を漕ぐだけです。
もう少し傾斜があればなあ。


e0064783_22173853.jpg
集落手前の林道脇に2匹のイノシシがいました。
スキーのほうが早いのですぐ近くまで行って観ることができました。
雪の上なら、こっちのもんです。

e0064783_22175187.jpg





[PR]

by s_space_s | 2015-01-14 12:03 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/22725528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 荘川アイスフェース      根尾谷ネイチャースキー(自然の... >>