2015年 01月 19日

荘川の見当山1351.9m

【山域】飛騨
【場所】荘川、見当山
【日時】2014年1月17日(土)
【コース】春日中山~禿山谷~大禿山~御座峰~北面滑降~大禿山手前コル~東面トラバース~禿山谷~春日中山
【メンバー】サムさん、やまけんさん、わし
【天気】小雪
【タイム】デイリー郡上カントリー14:00? 同着16:40
e0064783_14073722.jpg

荘川ODファームのテレビ取材は午前中で終わったので、午後はガイド3人でスノーシューツアーのフィールドにしている、近くの見当山へ下見に行くことになりました。
本番はスノーシューで行くのですが、下見には断然早いスキーを使います。

カントリークラブの駐車場に車をおかせていただき出発。
最初は林道を詰めて、サムさんが目を付けていた尾根に取り付きました。
少し木の間隔が狭そうですが、新雪なら滑れそうです。
結局、同ルート下降はしない予定なので、滑ることを空想して楽しむだけです。

e0064783_22155595.jpg
稜線にでたところで見当山が見えました。
この正面も木が若すぎる感じです。
e0064783_22155543.jpg
主稜線に沿って右へ回り込むと、広大な伐採斜面が現れました。
e0064783_22155549.jpg
見当山の前衛ピークには北さんが「北日本の木」と名付けたミズナラがあります。
洞にある穴が北日本の形をしているのだそうです。
e0064783_22155558.jpg
こんなブナや、
e0064783_22173931.jpg
こんなミズナラの大木が残っています。
根回り3m以上ありそう。
e0064783_22155578.jpg
1時間半ほどで見当山頂上につきました。
天気が悪いのですぐにシールを剥がして滑降に移ります。
前衛ピークはスキーのまま巻けます。

お楽しみの斜面に飛び込みました。

どうなってんの?
e0064783_22180949.jpg
サムさんは、元クロカンの選手。
さすがの滑りです。
e0064783_22181999.jpg
けど、惜しいことに南面なのでした…。
e0064783_22181949.jpg
ODSSの荘川宿舎にお邪魔して、北さんの料理をごちそうになりました。
やまけんさんはちょっと事情があって白鳥の自宅へ帰ってしまいました(残念)。
若いガイドさん(サムさん、うっけんさん、こんちゃん)たちとお酒をたくさんいただいて色々話しました(あまり覚えてない)。

荘川の夜は冷え込みます。
敷布団まで掛布団にして寝ました。
e0064783_22181940.jpg











[PR]

by s_space_s | 2015-01-19 17:59 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/22740657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< のんびりODファーム      荘川アイスフェース >>