blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 15日

白川郷バックカントリーガイド(日照岳)

e0064783_15541262.jpg

土曜日の天気予報が微妙でしたが、最悪ツリーランでもいいかと、御母衣ダム左岸の名峰?日照岳にスノーボーダーAさんをご案内しました。
夜間に湿雪が降る予報だったので、駐車スペースも国道の除雪後でないと確保できないかなと考え、少し遅めのスタートとしました。
他にも入山者がいるかもしれないと、ちょっとトレースに期待もあったりして。

ところが、この日は人気の日照には珍しく、下山までまったくの貸切状態でした。
取付きからかなり重い新雪のラッセルが頂上まで続きました。その分、滑り込んだ福島谷含め、滑りが楽しめました。
Aさんは今回スプリットボードでの参加で、足並みがそろったのと、どんな雪でも安定して滑れる滑降技術があっての満足ツアーでした。


新しい足跡があると思って、周辺を注意して歩いていたら、若いカモシカがカエデの冬芽を食べていました。

e0064783_15541267.jpg
ヒノキの大木の下で
e0064783_15541288.jpg
脚を上げるのが重いほどの湿雪です。
e0064783_15541261.jpg
頂上直下にはウサギの足跡がいっぱい。
はいウサギのポーズ
e0064783_15542870.jpg
頂上直下
このころから雪が降ってきました。
e0064783_15542856.jpg
頂上で撮りあっこ
e0064783_08182510.jpg
スプリットボードは組立に少し手間がかかります。
e0064783_15543749.jpg
まずは、福島谷に向けてドロ~ップ!
e0064783_15542822.jpg
短いですがいい雪でした。
e0064783_08381271.jpg
e0064783_08382007.jpg
シールを付けて往路の尾根に復帰します。
このときは狸の嫁入りでした。
e0064783_15543255.jpg
主に、尾根の北面の谷に絡んで滑ります。
e0064783_08175689.jpg
ブナの間隔が広く傾斜もあるので、重い湿雪でも楽しく滑れます。
e0064783_15542878.jpg
とか言いながら前転しました。
e0064783_08181308.jpg
最後は、夕方近くなりモナカを蹴散らしながら、国道に戻りました。
e0064783_15542837.jpg

翌日も高鷲あたりで友達と滑るというAさんと別れ、のんびり通いなれた下道で帰りました。
家にはコウムラが届けてくれた牡蠣が待っていました。
e0064783_15542828.jpg

むちゃ美味~い!


バックカントリーガイドのご案内


[PR]

by s_space_s | 2015-03-15 16:32 | ガイド | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/22880065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by A at 2015-03-16 11:05 x
先日はありがとうございました。湿り雪のラッセル助かりました。
しまった!せっかくブログ用にといい写真があったのに間に合いませんでした~!残念。
Commented by s_space_s at 2015-03-17 08:28
恥ずかしい写真ありがとうございました。


<< さらばバイパス弁当      旧イトシロシャーロットタウンか... >>