blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 10日

白馬大雪渓~柳又谷源頭ラストテレマーク

釣りの帰りにいしはらさんとスキーの話をしていたら、シーズン最後にもう一回だけ滑りたいということになりました。
立山で小屋に泊まってのんびり滑る計画を立てましたが、ワルテルガイドに状況を訊いたら今年は縦溝がひどくて楽しくないとのこと。
白馬大雪渓の日帰りに変更しました。
最近は当日の朝出発することが多いけど、今回は前日の夕方岐阜を出て、ソースかつ丼を食べながら白馬入り。
いしはらさんが知っていたサンサンパークというパーキングエリアで寝ました。
隣で大型トラックがアイドリングしながら仮眠?していたので、ちょっと寝不足になりました。

猿倉を早めに出発できたので、お昼過ぎには下山して、白馬のラッピーに寄ったり、美味しい蕎麦をすすったりして夕方には岐阜に帰りました。
柳又源頭は浅い縦溝がまだ固いところがあり、滑りにくかったけど、素晴らしい大斜面でした。
標高差350mほど滑り込み谷が狭くなり、水流の音が聞こえてくるところで引き返しました。
大雪渓は中間部が転石だらけでしたが、縦溝はなく、稜線から一気に滑り、林道の歩きも含め、1時間で猿倉まで下りました。

【山域】後立山
【場所】白馬岳
【日時】2015年6月7日(日)
【コース】猿倉~大雪渓~白馬山荘下~柳又谷源頭滑降2350mまで~白馬山荘下~大雪渓~猿倉
【メンバー】いしはらさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】快晴
【タイム】猿倉5:45 白馬尻6:30 白馬山荘下10:00 柳又谷2350m10:30 頂上宿舎下12:00 白馬尻12:30 猿倉13:00

白馬尻の手前まで雪がなく、シートラーゲン。
スキーのパーティーはわしらだけ。
e0064783_23154172.jpg
右岸からの岩雪崩
e0064783_23154184.jpg
今回はシーズン終了後チューンナップに出す予定のACCESSで出動したため、スキーアイゼンがなくて、大雪渓の急斜面はすぐ諦めてシートラーゲン。
いしはらさんは、細めのベクターグライドにスキーアイゼンで快適そう。
残雪期はそれ用の道具がやっぱいいと思う。

白馬山荘下

e0064783_23154101.jpg
柳又谷源頭は見るからによさそうな斜面が広がっている。

偶然、フィギュアエイト

e0064783_13025099.jpg

いやー気持ちがいい!
e0064783_13030332.jpg

いしはらさん、なんか滑りが違うみたい。
e0064783_23151626.jpg
縦溝のないところを選んで滑る。
e0064783_23154006.jpg
谷が狭くなったところで終了。
シールで上り返す。
途中、ライチョウを見かける。
e0064783_23151662.jpg
今日はなんだか体が動かなかった。
ふらふらで、いしはらさんに着いていく。
e0064783_23154156.jpg
大雪渓は雪も少し緩み、最高の状態
e0064783_23151696.jpg
葱平下の急斜面は慎重に
e0064783_23151657.jpg
中間部の地雷地帯では、もうやけくそでガツンガツンいわせながら白馬尻まで飛ばす。
猿倉に13時着。
大満足の滑り納めとなった。

時間があるので白馬のラッピーに寄ってみた。
店員さんの話では、GWごろより雪の状態が良くなっているとのことであった。


(おまけ)

いしはらさんお勧めの美麻の蕎麦屋 美郷(みさと)
地元のおばちゃんたちがやっている感じで、気取らない雰囲気がわし好みのお店でした。
e0064783_23154129.jpg
クワの葉の天ぷらやトリアシショウマのおひたしなど、初めての山菜もいただきました。
e0064783_23154136.jpg
蕎麦も蕎麦焼きも美味しかったです。




[PR]

by s_space_s | 2015-06-10 08:30 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/23246011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 鍋倉山ハイキング      たのしいメダカ飼育 >>