2015年 11月 17日

揖斐の山へ行ってきました。

先日の土曜日。
コウムラとどこか歩きに行く予定でしたが、あいにく朝から雨の予報が出ていて中止にしました。
一人なら、ピークを踏まなくても適当に山を歩いてキノコでも探そうと、揖斐の山に入ってみました。
雨に煙る森の奥から、鹿の声が寂しげに聞こえてきます。
逃げていく鹿の白い尻を見ました。

やっぱり今年は乾燥続きで出が悪いようです。
e0064783_23070584.jpg
それでもたま~に、こんな感じの立ち枯れも
e0064783_23070520.jpg
近づいてみると、ちょうど食べごろ

e0064783_23070537.jpg
こんな木が何本かあれば、ザックは一杯になります。
e0064783_23070561.jpg
お昼までで切り上げ、帰りは揖斐の街に下る手前の国道沿いある「さか上がり」という食堂に寄りました。
おばちゃんと、トンネルが出来てから揖斐峡が寂れてしまった話や、山菜採りの話などしながらのんびりしました。

「明日はツルニンジン採りに行く予定だけど、雨が心配。」
e0064783_23070579.jpg
卵丼550円也をいただきました。キノコや蒲鉾が入っていて美味しかった。
ナメコをおすそ分けしたら、お返しに花梨をいただきました。
車の中がいい香り。

家に帰って、道具を片づけ、メダカの水替えなどをしてから、夕方かみさんとピアノリサイタルに出かけました。

岐阜県庁近くののサラマンカホールです。
パイプオルガンが立派。いつか聴いてみたい。
e0064783_23070523.jpg
演奏は、竹内康佑君という、うちの町内出身の子(もう社会人ですが)。
かみさんは、康佑君が小さいころ、発表会のリハーサルの様子を見ていて、この子はちょっと違うと感じたそうです。
曲目はベートーヴェンのピアノソナタ第14番などの独奏と声楽をやるお仲間の伴奏でした。
わしには、演奏を評価できるような耳はありませんが、歌手を引き立てる伴奏は素晴らしいと感じました。

最近、昔聴いていたレゲエをまた聴くようになりました。
自動車を運転するときブラック・ウフルのダブ・アルバムを大音量で聴いてます。
けど、この夜はコンサートの余韻がもったいなくて、何も聴かず運転して家に帰りました。



[PR]

by s_space_s | 2015-11-17 12:45 | うまいもん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/23877343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Eボート長良川クリーンアップ作戦      待望の新刊「百山百渓(4)」-... >>