blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 01日

自家製ロッカー

どこかで、ロッカー付のスキーは先端が折れて反りあがったスキーが新雪や悪雪に具合がよかったことから開発されたいうことを読みました。
テレマークを始めたころ、コブを滑っていて少し折れたゲレンデスキーを使っていました。
柔らかくてテレマークには良かったです。

ということで、ヌーニョを万力に挟んで様子を見ながらへし折ってみました。
下の写真ではトップショベルが終わってからしばらく隙間が見えています。
もともとはここがくっ付いていました。
形状的にはほとんど変わっていませんが、コアが部分的に折れているので、キャンバーも弱くなって柔らかくなりました。

e0064783_20470771.jpg
先日の弓ヶ洞の腐れ雪でも柔らかくなったスキーは乗りやすかったです。
まあ、真似される方はいないと思いますが、トップ側はある程度弾力があるのに対して、テール側は急にバキっと折れてしまうので注意が必要です。

道具関連でもう一つ。
藪が多いルートでは、知らず知らずのうちにポールのバスケットが藪に引っかかって、なくすことがあります。
リペアキットに予備のバスケットを入れておくと役にたつことがありますよ。

e0064783_20464407.jpg
庭のトゲ無しタラが芽を出し始めました。
弓ヶ洞で摘んできたフキノトウ、庭のギボシ、ミツバ、サンショウの芽、野菜で天ぷらして食べたらうまかった。
早くウドが出ないかな。

e0064783_20470718.jpg
通勤途中でも食べごろなのが、ちらほら。
気になります。




[PR]

by s_space_s | 2016-04-01 12:28 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/24267436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by faggio at 2016-04-02 19:58
流石、思い切ったことされますね。
わしはもったいなくてようしません。
Commented by s_space_s at 2016-04-02 20:42
そうですね、もったいないことかもしれません。
先日、イベントでお会いした飛騨山岳ガイド協会のK師は、どんな道具でも滑れるのがプロガイドだとおっしゃってみえました。
けど、倉庫で眠らせておくよりいいのではないかと思います。
まだ当分使えそうです。


<< 奥播磨下村酒造店袋しぼり仕込第...      最近読んだ本(移動祝祭日、人間... >>