2016年 04月 02日

奥播磨下村酒造店袋しぼり仕込第二十九號生酒

お世話になったあの方にいただいたお酒です。
ほんとうの酒の味は肴などないほうが分かる。
e0064783_21343825.jpg




[PR]

by s_space_s | 2016-04-02 21:41 | うまいもん | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/24271438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 大平 栄 at 2016-04-02 22:47 x
がおろさんのホームページの鬼岩公園の記録、大変役にたっています。質問があるのですが「舞台裏」は「穴あきスラブ」のすぐ右のチムニーなんでしょうか?その右のかぶったチムニーは登られているか知っていますか?今日「真実の口」を登って凄くいいルートで感動しました。(がおろさん初登なんでしょうか?)このルート名、絶妙だと思いました。
Commented by s_space_s at 2016-04-03 13:35
あの穴に手を突っ込まれたのですね!
あのあたりのチムニーを触っていたのはかなり昔なので記憶が定かではありません。
かぶったチムニーはたぶん登られてないと思います。
記憶にないですが、リービッテーションでもするようなやつですか?
Commented by 大平 栄 at 2016-04-03 20:47 x
かぶったチムニーはちょっといいすぎでした。先週登って10aくらいです。簡単ですが面白いです。チムニーが終わると正面のフェイスを登りますが、落ちると大惨事になるので恐ければ左からまわりこんで蓮華岩の頂上に立つことができます。鬼岩劇場3P目の右も開拓が終わって、10cくらいのフレアードチムニーです。(掃除グレード5.13でした。)あと鬼の糸をトライしましたが12+の間違いではというくらいの難しさでした。(確か11+だと思ったんですが‥)「真実の口」や「アフリカ」に接してルート名がルートの魅力を一層増してくれるということに気付いた鬼岩公園でのクライミングでした。(岩は何も変わらないのに)
Commented by s_space_s at 2016-04-04 08:26
かなり登りこんでみえるようですね。
素晴らしい!
ルート名はいつも遊び心でつけています。
クライミングのおまけみたいなものですが、右岩壁左ルートのような質実剛健なネーミングより、後で思い出してもらえるかも。


<< 大人の水遊び      自家製ロッカー >>