blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 12日

荒島岳地獄谷~クズハキ谷遡行

【山域】荒島岳
【場所】真名川・地獄谷
【日時】2016年6月11日(土)
【コース】養魚場~地獄谷~クズハキ谷~荒島岳~佐開コース~養魚場
【メンバー】まっちゃん、わし
【天気】晴れ
【タイム】養魚場6:00 ツノ滝谷出合8:40 荒島岳13:20~13:50 養魚場15:30
まっちゃんのヤマレコ記録(すんばらしい遡行図付き)

沢シーズン始めの「足慣らし」にまっちゃんからお誘いがありました。
荒島岳西面の沢という話でまさかと思ったのですが、行先はクズハキ谷。
どう考えても足慣らしではないだろうと突っ込みたくなりました。
が、記録をいくつかチェックしてみるととても面白そうな谷です。
こういうルートに行く前は普通ナーバスになるわしですが、なぜかわくわく気分で当日を迎えました。

梅雨入り前後の不安定な天気で1週間延期しました。
この日はとてもいい天気で、いい条件で楽しく登ることが出来ました。
短いながら最後まで気の抜けない滝の連続する登りごたえのある沢でした。


登山口への林道入口にある養魚場手前の空き地に駐車させていただき出発
e0064783_22164513.jpg

すぐ大きな堰堤が現れ両岸が壁なので恐ろしいFIX頼りに登る。
e0064783_16031812.jpg
これは作りかけの堰堤ではありません!
e0064783_16050539.jpg
こんな感じの滝がひっきりなしに現れる。
e0064783_16052521.jpg
水量が多かったら厳しそうな滝
e0064783_16055681.jpg
e0064783_22163802.jpg
12m滝はは右から巻きました。
参考にした記録では右岸から。
この滝のことではありませんが、滝の大きさの記述について、まっちゃんと盛り上がりました。
7m、8m滝とかはありますよね。
けど9m滝って記録上見かけないとかいう話です。
e0064783_16055688.jpg
その上の4m滝が難しそう。
鮎川さんの記録では右岸カンテから登りバンドトラバースしているようです。
まっちゃんとわしの判断ではちょっと無理。
ゲンゴロウさんたちも左壁を登っているようです。
わしらは巻きました。
e0064783_16055631.jpg
さて、どっちを登ろうか?
e0064783_16031803.jpg
チムニー登りしている襟口から水が入ってきて、びたびたです。
e0064783_16055607.jpg
体が冷えてきたので日向でトカゲをきめる。
まっちゃんと行くときは、けっこう休むとこでは休むというスタイルです。
こういう時に谷の雰囲気を感じ取ったり、無駄話をするのが楽しい。
e0064783_16084168.jpg
大岩のあるツノ滝谷との出会いは見過ごしやすいので注意。
ここからクズハキ谷へ。

これはちょっと無理。右岸を巻いて懸垂下降しました。
e0064783_16090866.jpg
次の10mほどの滝で悩みました。
ここは昔、榎本さんパーティーのメンバーが滑落して退却の判断をされたとこです。
左の壁にホールが繋がって登れそうなラインがありそう。
けど上部はどうなっているかわからない。

まずわしが登ってみました。
ホールドはみんな外傾していてフリクション頼りです。
わしは怖くて5mほどでクライムダウンしました。
次にまっちゃんが空身でトライ。

むちゃくちゃハイボルダーです。
な、なんと登ってしまいました。
さすが!
セカンドもアンカーがないので、まっちゃんの手で引っ張っているスリング頼りに登りました。

e0064783_16093123.jpg
この大まがり滝は左岸支流の滝
e0064783_16031707.jpg

100mの連瀑帯を登る。

e0064783_16031823.jpg
源流にルンゼの延長のような100mほどの岩場が出てきます。
失敗すればおしまいの岩場・草付ですが、お互い自分の判断で登れるだろうとノーロープで登りました。
e0064783_16112875.jpg
ヒメマチ稜に出てからはシャクナゲの藪漕ぎにしごかれました。
登山道も廃道になっていてネマガリタケ漕ぎに体力を奪われました。
e0064783_16112849.jpg
佐開ルートは林道歩きが長いです。
緊張から解き放たれ何も考えずに歩くのも悪くない。

e0064783_16112930.jpg
東北旅行でかみさんが買ってきてくれた浦霞がうまい!
e0064783_16112856.jpg
やっぱり、こういう山行をたまにはしないと、頭と体が腐るような気がします。




[PR]

by s_space_s | 2016-06-12 20:07 | 山登り | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/24453319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まっちゃん at 2016-06-15 08:12 x
名渓とはいかないまでも、実に骨っぽい味わいある谷ではありました。事故無く怪我無く下山できたことに感謝します。
Commented by s_space_s at 2016-06-15 08:21
この手の沢は自分ではなかなか行く気にならないので、誘っていただいてほんとに良かったです。
帰りにいただいたKatanga!昨夜聴きました。
こっちも良かったです。
Commented by ゲンゴロウ at 2016-06-19 20:32 x
ガオロさんお久しぶりです!
クズハキ谷に来られていたんですね。なかなか渋い谷だったでしょ。
ガオロさん好みの沢だったと思います。
奥美濃の風情に似た沢だったんじゃないかなと
また山行ご一緒させてくださいね♪
Commented by s_space_s at 2016-06-19 20:57
ゲンゴロウさん、お元気ですか。
癒し系の谷ばっかり登っているので、久々に気を引き締めて登りました。
たいへん面白い谷でした。
そういえば奥美濃の支流に入れば滝が連続する似たような谷はあると思います。
けど、全体として纏まった谷は珍しい。


<< 鬼岩公園:名勝の岩にハーケン?      花房山・小津権現で会った大きな木など >>