blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 29日

粥川谷左俣~瓢ヶ岳

【山域】美濃
【場所】瓢ヶ岳
【日時】2016年6月26日(日)
【コース】粥川谷左俣~瓢ヶ岳~登山道
【メンバー】コザエモンさん、はなえちゃん、わし
【天気】曇り一時小雨
コザエモンさんの記録

瓢ヶ岳の登山道の状況を見に行くついでに、粥川谷で沢登りをしてきました。
片知方面はクライミングなどでよく入山していましたが、粥川からはなんと今回が初めて。
百山百渓でも面白そうなとこだと紹介されていていたのに、足が向かなかったのは、禁漁区域になっていて釣りができないという単純な理由です。

今回訪れてみて、中流のゴルジュはなかなかのものだと思いました。
残念なのは林道と植林がかなり入り込んでいて、倒木などが多く、荒れた感じだったこと。
源流部のサワグルミ、ミズメなどの原生林は不安定な沢の特徴が出ていて面白い雰囲気でした。
気楽に遊べる良いところでした。

e0064783_22260396.jpg
三枚滝中段?
e0064783_22260364.jpg
ねじれ滝
e0064783_22260388.jpg
雨上がりの谷は水量豊富

e0064783_22260306.jpg
これは巻きました。

e0064783_22275211.jpg
もう寒いぐらいです。
e0064783_21252213.jpg
e0064783_22275205.jpg
林道をくぐります。

e0064783_22275290.jpg
地形はおとなしくなりますが、小滝が次々に出てきて楽しい。
e0064783_21175802.jpg
e0064783_22275237.jpg
こざえもんさん攻める!

e0064783_22341558.jpg
もうぐしょぐしょです。
e0064783_22341585.jpg
幻想的な支流の滝
e0064783_22341599.jpg
いいかげん飽きてきた?

e0064783_22341556.jpg
e0064783_21172331.jpg
裏見の滝
e0064783_22342310.jpg
ミズメのいい匂いを嗅いでみました。
e0064783_22342330.jpg
ガマはガマでも四六のガマ~。
e0064783_21175227.jpg
登山道に上がると、りっぱな岩小屋がありました。
修行するはなえちゃん。
e0064783_22342328.jpg
瓢ヶ岳頂上。
ブヨが大量に寄ってきて(特におじさんたちに)落ち着けませんでした。

e0064783_22342375.jpg
奥瓢から木曽三川公園の138タワーが見えました。
e0064783_22343232.jpg
登山道は急で危険なとこもありました。
さて紹介したものか…。


e0064783_22343291.jpg
登山道は上部で左(沢コース)と右(尾根コース)に分かれます。

e0064783_22343359.jpg
途中コウヤマキの群生している痩せ尾根がありました。
斜面に付けられた登山道は滑落の危険性もあり気を抜けません。
H630mあたりで林道に出ます。
e0064783_22343238.jpg
特に標識がなかったので林道が下っているほうに歩いていったのですが、これが間違いでした。
どこかで沢沿いに復帰するとこがあると思っているうちに、どんどん谷から離れて、結局、林道歩きで車に着いてしまいました。
増水時のエスケープとしては重要ですが、楽しいルートではありません。
こざえもんさんには車で昼寝していてもらって、2人で谷沿いの登山道をH630mまで往復して確認してきました。
登山口すぐ上流左岸に落ちている40m滝が素晴らしい。
三枚滝への遊歩道も確認できました。





[PR]

by s_space_s | 2016-06-29 12:54 | 山登り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/24492474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by two2106 at 2016-06-29 19:53
いろいろご案内しようと思っていたのですが残念でした。
水量がかなり多めでしたね。
秋はシロモジの黄色いトンネルが続く素敵な登山道です。
Commented by s_space_s at 2016-06-29 21:23
登山道も面白いと思いました。
けど、初心者向きではないですね。


<< これって自虐的?      アマゴの沢 >>