blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 28日

蝿帽子峠越えして蝿帽子川東カスミ谷遡行

【山域】奥美濃
【場所】蝿帽子峠、這星嶺
【日時】2016年9月25日(日)
【コース】根尾谷~蝿帽子峠~蝿帽子川二俣~東カスミ谷~這星嶺~蝿帽子峠~根尾谷
【メンバー】コザエモンさん、ツトムさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】曇り時々晴れ
【タイム】駐車場6:30 登山口6:40 蝿帽子峠9:00 蝿帽子川10:10 這星嶺12:40~13:00 蝿帽子峠13:30 駐車場15:00
【概念図】
e0064783_11225375.jpg
幕末の尊王攘夷派、水戸天狗党が12月に1000人ほどの大部隊で峠越えをした蠅帽子峠へ行ってきました。
馬や大砲を牽いて越えた峠道は今どうなっているのか興味深々で、できれば完全に峠越えして蠅帽子川へ降りてみたいと思いました。
川まで降り立ったら、往路を戻るのはつまらないので、這星嶺に突き上げている東カスミ谷を遡行して戻る計画を思いついてしまいました。

同行してくれることになっていた、コザエモンさん、ツトムさんはこの手の山には慣れているので、二つ返事で了解を得ました。
福井側の記録がほとんどなく、藪漕ぎ覚悟でしたが、奥美濃の藪山の基準ではハイウエイレベルの道でした。
蠅帽子川の二俣にはいい雰囲気の台地があり、のんびキャンプするのもいいなと思いました。


根尾川を徒渉して乳くれ地蔵と一本杉のある登山口へ。
旧街道に合流するまでは尾根上の踏み跡をたどる。
街道との分岐点は、上から降りてくると自然に街道のほう(地形図の破線)へ行ってしまうので注意!

街道は一部藪が被っているところもあるが、明瞭である。
標高900mあたりから、ほとんど大きなアップダウンのないのんびりとした尾根になる。
「洞ミズナラ」の看板のあるミズナラより立派な洞のあるミズナラがあった。

e0064783_22144575.jpg
太くて高いブナの大木のプロムナード
e0064783_22075587.jpg
特に小倉谷側の斜面がすばらしい。
池も見られた。

e0064783_22075284.jpg
上部で踏み跡が交錯しているところもあった。

わーいわーい Y字郎~♪ 傘がないので 勘まかせっと
e0064783_22074607.jpg
根上がりヒノキ(アヤちゃん風)

e0064783_22081011.jpg
蠅帽子峠

e0064783_22082788.jpg
お地蔵さま

e0064783_22131821.jpg
変なおじさん達
e0064783_22072392.jpg
心配だった峠の向こうの道も街道の痕跡が明瞭

e0064783_22083214.jpg
ブナ、ミズナラの大木もある

e0064783_22083631.jpg
シロモジ、クロモジを潜りながら快調に下っていくと、やがて蠅帽子川の谷の音が聞こえてくる。
標高700m前後の急斜面もつづら折れになっていて非常に歩きやすい。
大砲を牽いて行軍したというのも納得の道であった。

二俣に降りると道が藪ではっきりしなくなる。
古い石組が残っていた。

e0064783_22084390.jpg
コザエモンさんたちが古い看板を発見。
こちら側も登山道として整備されたことがあったらしい。

e0064783_22070023.jpg
二俣で沢の足回りに替え、左俣に入る。
癒し渓である。
東カスミ谷に入るところで少し遊んでみた。(ロスは30分ぐらい?)

e0064783_22123998.jpg
ときおり出てくる滝も癒し系
e0064783_22071561.jpg
石の上にマムシ

e0064783_22124514.jpg
上流部で5m~10mぐらいの滝が連続で出てくるが、どれも全身ずぶ濡れになって越えることができる。

e0064783_22125064.jpg
唯一水際を登れなかった12m滝

e0064783_22130311.jpg
ハングの上にはナメが

e0064783_22130819.jpg
詰めはほとんど藪漕ぎもなく登山道に跳び出した。

e0064783_22131304.jpg
三角点「這星」の周りは少し切り開きがあるだけで、藪のピーク
帰りも蠅帽子峠経由で下山。
ツトムさんのおかげで北尾根に迷い込まずに済んだ。
峠を経由ぜず、這星嶺の西肩に直登するコースのほうが良く歩かれているみたいだった。

街道の脇にあった夫婦ブナ
ツトムさん曰く「絡み合っていないので、倦怠期ブナ」
けど、こんだけくっついていれば仲がいいのでは。
e0064783_22150645.jpg
雨後のキノコオンパレード

アカヤマドリ(別名デカメロン)
e0064783_22151457.jpg
ヤマドリタケモドキ(非常にうまかった)
e0064783_22152093.jpg
あとクリフウセンタケが食べごろ。

最後は運動靴のまま徒渉すれば、洗い物が減るでしょう。

e0064783_22145044.jpg
酷道157号線は対向車が怖いので、猫峠経由で本巣に戻った。





[PR]

by s_space_s | 2016-09-28 12:46 | 山登り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/24686124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 雨上がりの今淵ヶ岳には・・・      やっちまったなぁ!! >>