blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 16日

どっちが楽か?

山スキーメーリングリストで最近にぎやかになっている話題のひとつにテレマークと山スキーでどちらが歩きやすいかという話がある。



全体的な雰囲気で言うと,どうも山スキーのほうが楽に歩けるという意見が多い。特に急斜面のラッセルでは完全に山スキーに分がある。もともと緩やかな地形を歩きまわるようにできたクロスカントリースキーから発展してきたテレマークなので,山岳地帯では,もともとアルプスの山岳を滑降・登高するために開発された山スキーにかなうわけはないのだ。

わしの道具は比較的細い板(クロカンに比べればかなり太い)に歩き重視のT3であるが,それでも急峻な地形での機動力は山スキーが上だと感じている。靴のしなり分しか踵が浮かないテレマークではキックターンはしにくいし,ラッセルもトップが浮かせにくい。最近の滑降重視のテレマークの道具ではなおのことだろう。

ボードとスキーでどちらが機動力があるかを議論しても意味がないのと同様に,テレマークと山スキーは違うジャンルなのだから好きなほうをやればいいと思う。

個人的には,ヘビーデューティー化はテレマークの存在意義(軽さ,自由さ)を失わせるものだと感じる。テレマークに合ったフィールドでその軽快さを楽しみたいと思う。また,道具に頼らなくても,私の身近にいる二人の師匠(こちらがそう思っているだけで弟子にしてもらったわけではない)は革靴,細板ですばらしい新雪滑降を見せてくれた。シンプルな道具で技を磨くことのほうに意義を感じるものである。
[PR]

by s_space_s | 2006-01-16 13:01 | テレマーク | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/2490466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 栗蝮 at 2006-01-22 21:29 x
テレマークを楽しまれる方の多くはゲレンデスキーヤーだと思います。そのためか道具もゲレンデ重視になってきていると思います。リフト利用なら重くても太くても問題ありませんから。
自分はトップ100mmまでの軽量な山板がベストと思っています。歩きについてはなんら問題ありませんが、多分山スキーに慣れていることからくる足捌きの問題でしょうね。ポイントはお殿様のすり足(笑
Commented by s_space_s at 2006-01-23 13:00
はい精進します。あと昔ステップソールの板を履いてみえましたが,どんな感じでしょう。シングルキャンバーのものもあるようですが,ダブルとだいぶん違うのでしょうか?
Commented by 栗蝮 at 2006-01-24 08:41 x
>はい精進します。
恐れ多い・・・。

ステップソールの古いダブルキャンバー1本、セミダブルキャンバー2本所有しています。
古いダブルキャンバーはほとんど使い物になりません。
言われているのはディナスターのバウンドレスクラウンのことじゃないかな?キャンバーの具合から当てはめると恐らくセミダブルキャンバーと思います。(メーカーではシングルともセミダブルとも書いていない)トップとテールは比較的柔らかめで中心部が非常に反発(腰)がある板です。
BD社のセントイライアスと、同じBD社のなんて言ったかな山板で同じように反発の強い軽い板がありましたが、この2本ともとても扱いやすい板です。人には滑りを犠牲にしていると言われますが、自分としてはセミダブルキャンバーのウロコ板はツアーに最適な板だと思っています。
残念ながら2本とも生産中止したようで残念です。
現在数社からシングルキャンバーのウロコ板が出ているようですが基本的にはウロコはキャンバーで効くと聞きます。シングルだとあまり効果が無いのでは?というのが率直な感想。
ちなみに今週末は仲間と猿ケ馬場登ります。
Commented by とおりすがり at 2009-03-24 22:47 x
バウンドレスクラウンはフィッシャー製でございます。ディナスターではありません。
Commented by gaoro at 2009-03-26 12:59 x
ご指摘ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。


<< 飛騨牛      相原求一朗 >>